FC2ブログ

今日のロック ROCK'N'ROLL/BUCKCHERRY

アメリカのハードロックバンドであるバックチェリーの2年ぶりのフルアルバムですが、昨年EP盤をだしたばかりなので、とにかくしょっちゅう新作をだしているよなという印象の新作になります。

前のフルアルバム『Confessions』がキリスト教の7つの大罪とボーカルのジョシュ・トッドの自伝的なネタをとりあえず吐き出すという感じのものを混ぜたガチガチのコンセプトアルバム、続くEP盤は曲タイトルに絶対にFUCKという言葉を入れると言うネタ縛りのコンセプトを持つ物と、方向性こそ違えどもやる事に制限をかけていたのですが、今作はアルバムタイトルがど直球にロックンロールと、ロックだったらば何でも良し、聞いて楽しくなるような、ロックがロックンロールと略さずにいられたころのものに回帰する勢いを持ちながらも、やっている事はいつものバックチェリー(笑)

パンクやグラムロックゴリゴリのヘビーメタルなどの影響をしっかりと受けながらもハードロックでまとめあげて拗けた感じにしましたというのが、バックチェリーだと私は勝手に思っていますが、今作はとりあえず自分たちのやっている事から完全に逸脱しなければいいよねと、ファンクの要素を隠さなかったりというか、ジェームズ・ブラウンの影響を受けた曲を作ったとホーンセクション入りの曲を作ったりと、作っている方がいい意味で思いつき、ノリ重視で作っているものになっています。

前作のアルバムがコンセプト的にも結構重たいネタを使ったので反動もあるのかもしれないですが、とりあえずインタビューでは反動という感じは明言はしていません。

1曲目のBRING IT ON BACKは王道すぎるバックチェリーの曲というか、新曲じゃなくて前からある曲だよねと言われてもあまり分からないレベル(笑)



2曲目のTIGHT PANTSがジェームズ・ブラウンからの影響を露骨に受けた曲で、ホーンセクションも入っていて、HR/HMのカテゴリーの中では変わり種ではあるのですが、楽しくなる曲になっていて良いですね、歌っている中身もお前ら中学生か!というレベル物ですし(笑)



6曲目のTHE MADDNESSはバックチェリーがROCKと略さずにROCK'N'ROLLとするならばと想定出来る範囲のらしい曲かなぁと思え



9曲目のSEX APPEALは想定以上にクラシックに突き抜けたROCK'N'ROLLで驚くレベルですね。



ただどうしても、頭の中に残ってしまうのは、日本版ボーナストラックでAEROSMITHのMAMA KINだったりします、やっぱり元から知っている曲はどうしても強いですし、沢山曲を聞くようになればなるほど、新しい物が頭に残りにくくなってしまいますから(苦笑)

今回DVDについていたインタビューで面白かったというか新発見は、何せ主要メンバーのジョシュ・トッドとキース・ネルソン以外良く知らないバンドだったりするので、メンバーの中で一番最近入ったベースのケリー・レミューがいじられ役だというのを知ったという事ですかね、ぽっちゃりしていていじりやすそうな人なので余計にそう見えるだけかもしれないですが。

おまけ

カレンダー
08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる