FC2ブログ

今日の読書 真田義勇伝 二人の六郎記/近衛龍春

今年の大河ドラマが真田丸ということに便乗して、昨年末から真田家ネタのものが沢山出版されていますが、そうじゃなくても真田家関連のネタは人気が高く私も何冊も読んでいたりしますが、今作は真田家がメインとはいえ、海野六郎を主役にした変わり種の歴史小説になります。

二人の六郎記というサブタイトルがついている通り、海野六郎が主役というだけではなく、望月六郎が準主役として、真田信繁(幸村)を支えていく話ですね。

海野六郎も望月六郎も共に真田十勇士のメンバーでありながら、真田十勇士の中では基本地味で、それでいて十勇士として実在したかどうかは別として実在した人物に該当する人が特定できるという、何となくあやふやな存在という共通点があったりしますね。

海野にしろ望月にしろ、甲信地方にはよくいる名前だったりもしますし。

話は基本的な歴史上の出来事、真田家の次男で真田家が生き残るために人質としてあっちこっちたらい回しにされる信繁を最初から支える二人の六郎が、その後関ヶ原の合戦、大坂の陣まで奮闘するという話。

海野六郎は忍びの家系という事で、主に忍びとの駆け引きという役割が多いですね。

忍びを扱った歴史小説として、非常にオーソドックスですが、海野六郎が完全に主役であるというのを把握しないまま読み進めてしまって、どっちの六郎だっけとなってしまったのが多少面倒臭い所ですかね、把握しておけば混乱しないですが。

二人の六郎がいるから、他の十勇士は出ないのかなぁと思うと、本当に少しだけ出てきたりします。

でも、十勇士の華とも言える猿飛佐助と霧隠才蔵はそれっぽい名前が出ただけでとりたてて目立つことなく、二人の六郎を除けば穴山小助が一番名前が出たかなというくらいで、本当にメインは二人の六郎でしたね。

真田家関係の歴史小説は数が多く出ているので、ほんの少しくらいの変化球という意味で面白かったですね。

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

おまけ

カレンダー
12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる