FC2ブログ

今日の読書 戯史三國志我が糸は誰を操る/吉川永青

とある事情で三国志関係の小説を読みたくなっていたので、過去に読んだ物を再読しようか、別の物を読もうかと悩んだのですが、いかんせん三国志に関しては大作が多く、過去に読んだ物の再読だと長くなるなぁとためらっていて見つけたのが今作になります。

三国志に関する小説は、歴史の流れまるまる描くものが大半で、絡む人間の量から事がおきてから事が収束するまでの時間が長いのが面白さと同時にネックになるのですが、今作は明確に主人公を陳宮にして陳宮が地方の小役人から曹操に見いだされ、曹操から呂布に乗り換えて死ぬまでという期間の話にしてあります。

日本の戦国時代を舞台にした歴史小説ではよくある形なのですが、三国志に関しては関連する小説の量を考えると、個人を主役にするというものは、陳舜臣の『諸葛孔明』や『曹操 魏の曹一族』『曹操残夢 魏の曹一族』なんていうのを読んではいるものの扱っている数は少なく、先に読んでいる物も基本主役級の人選なのに対し、本作は三国志という中では主役級な人選というわけでもないので目新しさもあり、なかなか面白かったですね。

歴史小説というのは、すでにこの世に大量に生産されているので、後発作は新たな視点であるとか、史実からキャラクター設定をいじったり、史実の内実をアレンジしたりして後発作だからこそというのを出していかないと行けないわけですが、キャラクター設定としてはかなり面白く仕上がっていますね。

陳宮の軍師としての才能と、策士策に溺れるになってしまった末路と、それに至る過程や人間関係。

曹操と呂布と極端な者のしたで軍師をする苦悩というか、糸で操る難しさというのも面白いのですが、キャラ設定そのものが面白いですね。

特に呂布が戦場で誰も相手にできないくらい強さがあるのは恐れの裏返しで、普段はおどおどしているというようなのは、既読作品ではなかったと思いますし、劉備も人徳の人扱いされる作品が多い中、人徳というよりも仁義という言葉が似合う渡世人という感じになっていたりと、そう設定するかと楽しめます。

三国志はどうしても長く登場人物が多すぎて、誰が誰だか覚えるのが大変というのがどうしてもあると思いますが、今作は歴史の流れは歴史の流れとして押さえながらも、日本の歴史小説と同じく主人公界隈しかスポットを当てないので、すっきりと楽しめますね。

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

おまけ

カレンダー
12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる