FC2ブログ

今日のBS ペイサーズvsサンズ

ペイサーズ97-94サンズ

BSのNBA放送の中では、なかなかに渋い組み合わせですね。

今シーズンからチーム戦術としてスモールラインナップにするために、インサイドのスターターを2人放出するなど、がっつりチームをいじってどうなることかと思ったらば、昨シーズン怪我でほぼ全部離脱していたポール・ジョージが怪我前にまでしっかりと戻してきて、なおかつPFのスターター起用も予想以上にこなしたりと、予想以上に上手くいっているペイサーズ。

対して、ペイサーズ以上に伝統的にスモールラインナップの成功体験が強いというか、ガードに戦力を偏らせる伝統があり、その伝統を踏まえすぎて一昨シーズン予想以上の成功を収めたのに、昨シーズンはぶち壊しにしてしまい、今シーズンもそれを引きずっているサンズ。

サンズはフランチャイズビルダーとしてエリック・ブレッドソーを据えるとばかりに、怪我による離脱が毎シーズン当たり前にありフルシーズン元気であったことが無いにもかかわらずがっつり高額契約というギャンブルを決行。

高額契約初年度の昨シーズンは予想に反して怪我による離脱をしなかったものの、案の定今シーズンは早々にシーズン全休が決まったという、サンズはもっとフロントが頭を使った方が良いんじゃ無いかという状況。

ブレッドソーが長期高額契約を決めた時に、正気を疑う事を書いたりもしましたが、だからといって、怪我で離脱しているのを見て予想が当たって喜んだりはしませんが、サラリーキャップという契約条件があるNBAのチーム作りを考える上で、やっぱりもっと考えないといけないよなぁと思ったり。

試合開始からペイサーズの流れになり、スターターに起用されているグレン・ロビンソン息子が目立つなど、全体的に余裕を感じる形になり25-17で1Q終了。

2Qになってもサンズは追いかける側であることを分かっていないのかスモールラインナップにもかかわらずチームとして走らないし雑なボール回しが目立ちターンオーバーからの失点を繰り返すという状況。

ペイサーズはポール・ジョージに負担をかけないようにという感じになり、ルーキーのマイルズ・ターナーが目立ったりして良い練習という感じにして44-35で前半終了。

3Qは残り4分からと、ひょっとしてここから接戦になるのかという風に思いましたが、取り立てて変わらず71-61で最終Qへ。

追いかける側の自覚が無い感じのサンズとあとは流すだけというペイサーズという、これは3Q純粋に大幅に編集されただけかと思いましたが、数少ないこの試合でのサンズの希望であるルーキーのデヴィン・ブッカーが3Pを決めるなどして終盤サンズが粘り多少見せ場を作ったもののペイサーズの楽勝。

ペイサーズはそれほど良い感じの試合をしていたわけでは無いですが、サンズの雑さ具合に救われましたね。

ルーキーのターナーが15点4ブロックと良い経験になったというのと、連敗を止められて良かったねと言うことですかね。

サンズはブッカーが32点と孤軍奮闘、ブレッドソーが欠場しているからこそプレイタイムを長くもらえて良かったねという感じですね、チームとしては全く流れがつかめませんでしたが。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

おまけ

カレンダー
12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる