FC2ブログ

今日の仮面ライダーゴースト 第47話

「呼応!それぞれの覚悟!」

タケルが生き返るために仮面ライダーとなり英雄の眼魂を集めている、残された時間はあと3日。

アデルはガンマイザーを全て取り込み自分が世界そのものとなろうとしているのを、アラン、マコト、タケルと止めようとしますが、アランもマコトもあっさりと吹っ飛ばされます。

タケルはアデルを救うと戦いながら繋がろうとします。

タケルはアデルの記憶から、本当は家族と繋がりたがっていると指摘し、母親がアデルのことを愛していた事も指摘。

家族など必要ないというアデルに母親の記憶があって羨ましいと、自分には母親の記憶が無いことをあげ、それでも自分、マコト、父親、アカリ小さい頃からの記憶を語りますが、アデルは過去など無意味と一蹴。

さらにタケルに良い記憶ばかりではないだろうと言い返すと、タケルは父の死の瞬間を思い出します。

アデルはタケルの記憶を読み返し、龍を殺した時にいた子供がタケルだったと気付きます。

タケルは父の龍を殺したのがアデルであったと知り動揺しまくります。

アデルはタケルが動揺しているのを見て、助けるなどふざけたことだと言い残し去って行きます。

アデルが龍を殺した張本人であると知り、御成はアデルを倒すべきだと主張。

アカリは僧侶の言うことかと咎めますが、御成は修業がなっていないからしょうが無いと言い切ります。

アデルを極悪非道扱いする御成に、アカリはアランの兄である事を含め、アランとタケルの気持ちを考えるように言いますが、御成はそれは分かっているが、それだけ龍を殺した犯人であることが許せず。

アランはタケルに謝りますが、タケルはアランが謝ることではないと言い、むしろ自分が動転した事を謝ります。

残された時間はあと2日と言うことで、御成は何としてもグレートアイを発動させると燃えます。

しかしガンマイザーと繋がっているから英雄眼魂を使ってもグレートアイにつながれないし、ガンマイザーもアデルと一心同体。

アカリはアデルがガンマイザーを元に戻せばグレートアイを呼び出せるかもしれないという可能性を見つけます。

アデルを説得する、もしくは倒すしか方法はないとなり、アデルがいつ来るか分からない以上、こちらから眼魔の世界に行けるようにするしかないと、結論はある意味元通りに。

アデルが父を殺したとタケルが悩んでいると、英雄達が姿を現わします。

タケルはムサシにアデルが父を殺したことを知っていたのに何故教えてくれなかったのかと詰め寄ります。

しかし、我らはタケルと共に進むとだけ言って一斉に消えてしまい、何故出てきた?となってしまいます。

遠目で見ていたアランも、自分が何をすれば良いのか悩みます。

タケルが龍の子供であると知ったアデルは、父親の死の間際に何も出来なく泣いてすがっていた子供がと面白がります。

その様子を見ていたアリアはアデルは今でも父親を慕い、その心は共に戦っていて、共や仲間がいるタケルを羨ましく思っているのではないかと指摘し、今ならやり直せると諭します。

しかし、アデルはいきなりキレてアリアもアデルの世界の一部に変えてしまいます。

御成は先代の敵討ちに燃えて棒術の修業、シブヤはナリタにタケルはアデルが憎くないのかと尋ねますが、ナリタは自分には無理だと言うだけ。

マコトが龍の墓前でカノンの命を救ってくれたタケルを今度は自分が救うと決意を見せていると、そっくりさんがその決意を一緒に言うようにやって来ます。

そっくりさんは、マコトの記憶やら感情やら繋がってきてほぼほぼマコトと同じになってきているという事になります。

マコトが2人いるということでアランがやって来ると、そっくりさんは撤退。

マコトはアランに口止め、特にタケルには。

カノンを失ってから、カノンを生き返らせるためにグレートアイのことを知り、英雄の眼魂集めを始め、タケルも体を失っていた事を知ってもタケルを倒してでもカノンのことしか考えていなかったのに、タケルは自分を犠牲にしてカノンを助けた。

マコトは今度は自分がタケルのために命を賭けるから、この事はは自分1人で決着をつけたいと。

兄がタケルの父親を殺した年ってアランは自分がタケルに何が出来るのかと思い悩んだすえ、自分がアドニスを倒す決意をします。

アドニスは、自分でしておきながらアリアが意思を持たなくなった姿を見て動揺してしまいます。

それを見抜いたガンマイザーは、意思が揺らいでいるから強固な意志を造り出すと一体化しようとしてきますが、アデルは振り払います。

父親の敵討ちをとりたいという思いと、アデルを救うと決めてしまったということでタケルが悩んでいると見ぬいたアカリは、タケルに1人で抱え込まないようにと言います。

そこに御成がやって来て、仇を討つのか討たないのかはっきりさせようとします。

アカリは御成を諫めると、御成は心のままにすればいい、答えはタケルの心の中にある、己と向き合うべきと急に冷静になります。

タケルはアデルを救うと決めていたのに、今度会ったらば自分を抑える自信がないと弱音を吐きます。

それを聞いたアカリと御成はタケルが抑えきれなくなったら自分が止めると言います。

仙人は眼魔の世界のモノリスの前に立ち、ゴーストに変身。

タケル達の話を立ち聞きしていたマコト、そこにアカリ、アランとやって来てます。

ゲートが開いたかどうか気にするアラン、マコトはタケルにここは仲間に任せて自分がすべきことするように言います。

このマコトはそっくりさんの方で、仲間という言葉が出てきたことに戸惑います。

するとモノリスが光り出します。

仙人はモノリスを繋げるのに失敗したのは同時にやる必要があったからとユルセンをアカリの所に行かせます。

そこにマコトがやって来ます。

マコトはそっくりさんを連れ出してさしで勝負しようとしますが、タケルも後を付いていきます。

アランはアカリと残ってモノリスを担当する事に。

カノンにもどっちが本物か見分けが付かなくなった2人のマコトはディープスペクターに変身して戦い始めますが、完全に鏡に向かって戦っている状況に。

互角の戦いをしてギガオメガドライブの撃ち合いとなり、止めようと近づいたカノンは衝撃で岩が襲ってきます。

それを助けたマコト、カノンを助けなかった方のマコトは自分は何をやっているんだと去って行きます。

仙人はモノリスを繋げようとし、ユルセンはアカリにモノリスを繋ぐように急かすと、同時にモノリスを繋げようとした成果で眼魔世界と繋がります。

アランは即座に飛び込んで眼魔の世界へと行きます。

マコトはタケルに自分に構っている暇は無いだろうと言うと、タケルは友達で仲間だからやって来て当たり前だろうと言います。

友達で仲間という言葉に、カノンを助けた実はそっくりさんの方のマコトは戸惑います。

本物のマコトはそっくりさんが何をしようとしているのか見張りながらタケルを助ける決意を改めます。

アカリがやって来てモノリスが繋がったことを告げると共にアランが1人で言ってしまったことを告げます。

と言うことで、今回はタケルがアデルが実は父の敵であると知ったと言うことと、それによってそれぞれがどうするのか考え、その間に仙人がモノリスを繋げるために奮闘していましたよと言うお話。

そして、未だに引っ張っているマコトのそっくりさん、すっかりマコトの感情までそっくりになってきているけれども、結局それで何をしたいのかどうなるのか、何が狙いなのか、そっくりさんを倒すことによって何が解決するのかはよく分かりません。

おまけ

カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる