今日のメジャーデビューアルバム MUSIC BATTLER/Gacharic Spin

全力エンターテイメントガールズバンド、Gacharic Spinの2015年9月発売のメジャーデビューアルバムになります。

存在はこのアルバムが発売されるよりも前から知ってはいましたし、曲も聴いたことがあり見た目から何からネタに走っている色物バンドの皮を被ったガチのバンドというコンセプトも個人的に好みではあるものの、なかなか腰を落ち着けて聴くまでには至らなかったのですが、この次のアルバム曲になる「KAKUHEN」の7つの間違い探しVer


というのを目にして、このふざけ具合の方向性がいかにも私が好きそうなもので、これは手を出しておかないといけないかもとなり、実はメジャーデビューアルバムは捨て曲無いよと聞いたので手にした次第。

それまでインディーズでやっていたり、バンドも順調に来たのではなくヴォーカルメンバー脱退があったり、そのまま固定したメインヴォーカルをおかなかったり、でも何故かパフォーマーは加入させたりとか紆余曲折があったらしいのですが、そこら辺の苦労を糧にして培ってきたものを全部ぶち込むとばかりに詰め込んだアルバムになっていて、それぞれのメンバーの得意分野を詰め込んで、ルーツとなるような音楽も詰め込んでというのか幅広く入れてきていますし、音楽のジャンルのある種の統一性のなさというか、良いと思えば節操なく取り入れる姿勢はJ-POPの専売特許というか、80年代後半に勃興したいわゆるバンドブームを彷彿とさせる感じがあって良いですね。

Short verですが公開されているPVは

3曲目の「MUSIC BATTLER」


7曲目の「ファイナルなファンタジー」


11曲目の「赤裸ライアー」


の3曲になるのですが、これだけ目にしたらやっぱりネタバンドだよなと(笑)

それ以上に「赤裸ライアー」は各楽器の教則ビデオも公開されていて、全くの初心者から分かるようにもやっていて、全くもって楽器を扱えない私でも楽しめる物になっていますが、キーボードは全く弾くのに役に立たないのが(笑)


全曲印象に残るものになっていますが、ハードロックやヘビーメタルをJ-POP包み隠している感じの曲が多い中、6曲目の「ガンバンバダンサー」という曲がディスコファンクという感じになっていて、パフォーマー、ダンサーがいるネタバンドというだけで、頭の片隅に米米CLUBがちらついていたりしていたのですが、実際問題影響を受けたのかは分かりませんが、これだけ聴いたら影響を受けた直系かなって思うレベルで嬉しくなったり、あまりそう思えるバンドっていないので。

あと初回版付属DVD、私はTYPE-Bを手にしてTOMO-ZO ワンマンショー ドキュメンタリーとMVのメイキングを見たのですが、何気に裏側を見れるのって面白いよなって。


おまけ

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログラム