今日の仮面ライダーエグゼイド 第21話

「mysteryを追跡せよ!」

服役中のクオとの父正宗に、5年前の事件を追っている上杉刑事が面会に行くも話すことは何もないとぞんざいに扱われ、上杉はそこでゲーム病発症。

永夢は飛彩の外科研修の指導がハードで完全にばてばて、飛彩は永夢が向いているのはゲーム医療ぐらいだからCRに推薦したポッピーピポパポに感謝するようにと言いますが、天才ゲーマーMを推薦したのは黎斗だった。

永夢は黎斗が作ろうとしている究極のゲームが気になりますが、飛彩はドクターの仕事は患者の治療であって謎解きでは無いと釘を刺します。

永夢達はゲーム病の急患と言うことで刑務所に出向き、ゲーム病が発症している上杉に会いますが、治療を拒否して、正宗に会おうとしストレスマックスでカイデンバグスター発生。

飛彩は術式レベル5、永夢はマイティブラザーズXXのガシャットで変身しステージセレクト。

カイデンはレベル30で2人がかりでも思うように行かないなか、さらに黎斗も登場。

しかし、黎斗の狙いはさらにやって来た大我のガシャット。

カイデンの剣に翻弄されながら、飛彩と永夢はドラゴナイトクリティカルストライクとマイティクリティカカルストライクを同時に喰らわせると、カイデンバグスターは一時雲隠れ。

バンバンクリティカルファイヤーとバンバンクリティカルフィニッシュの撃ち合いになり、大我はレベル50の力をレベル10の黎斗に思い知らせます。

黎斗は貴利矢のようになりたくなければ余計な詮索はするなという捨てセリフを残して撤退。

黎斗は致死レベルの攻撃を受けたデータを集めていて、あと1度受ければレベルエックスが覚醒するということで嬉しそう。

CRに運び込まれた上杉は目を覚ますと即座に動き出そうとし、それを永夢達に止められるとストレスを感じた。

上杉は息子がバグスターウイルスによって消滅していた。

ゼロデイ真相究明と息子の無念を晴らすために個人的に動いていた上杉は正宗が逮捕されても過失は認めてもバグスターウイルス発生の理由は曖昧な供述しかしていなく事件は解決していないという上杉は、黎斗と貴利矢の正宗に関係する2人が失踪していることを掴んでいて捜査を続けようとします。

永夢は自分が捜査し上杉の体を治し笑顔を取り戻すのが仕事だと言い張ります。

飛彩は止めようとするも、永夢は貴利矢が消されたのは正宗に会い何かを掴んだからであり、それを突き止めないといけないとし、貴利矢の命が奪われなければならなかったのかを知りたいと止めようとする飛彩に宣言すると、飛彩は無理に止められなくなります。

大我が黎斗からガシャットを奪い返しニコはハイテンション。

ただ、これ以上黎斗をぶっ潰そうとするにしても、不死身のゾンビ相手は無理ゲーだろうと言われた大我は目には目をゲームにはゲームをと策がある事を自信ありげに言います。

永夢は正宗に会いに行くと、永夢の名前を聞いた正宗は名前を知っている様子。

永夢は貴利矢が黎斗に消されたことを告げ、何を話したのか聞き出そうとすると、正宗は永夢ならば息子を止められるのかと聞き返されます。

大我は作の所へ出向き大金を出して新しいガシャットを作らせようとします。

しぶる作にたいし、ニコは黎斗に対する恨みを煽って仕返しするようにけしかけ力尽くで不死身のゾンビを始末するゲームを作らせることに。

正宗からの話を聞いた帰り道永夢と明日那の前に黎斗が現れる。

永夢は正宗から聞いた話を黎斗に話し始めます。

2000年問題直後、大騒ぎしたわりに実際には何も起きなかったと思われたが、コンピューターの細かな誤作動でバグスターが生まれていた。

黎斗はその事にいち早く気付いていた。

そのウイルスを使って5年前にゼロデイを引き起こし、責任を父親に全て押しつけたのも黎斗。

黎斗は究極のゲームを完成させるためには捕まるわけには行かなかったと開き直り。

飛彩は上杉に過ぎたことを調べて意味があるのかと問いかけます。

上杉は、大事な息子を失っただけではなく、何一つ真相に近づけないなんて刑事失格だと自嘲的に答えるとストレスがたまりカイデンバグスターが出現。

飛彩は永夢にゲーム病発症を伝えると、永夢はマイティブラザーズXXのガシャットで変身、黎斗も変身しステージセレクトで一同集まります。

永夢と黎斗、飛彩とカイデンバグスターとで戦っている中に大我もやってくると、さらにパラドも姿を現わし新たな戦闘が始まります。

レベル50の大我はパラドを圧倒すると、パラドはノックアウトファイターでは分が悪いとパーフェクトパズルとなり鋼鉄化、マッスル化、マッスル化。

バンバンクリティカルファイヤーとパーフェクトクリティカルコンボの打ち合いは同士討ち。

パラドは強敵と戦えたことが楽しくて仕方が無いという態度で大我に、黎斗はレベルという概念を超越しようとしているから気をつけろと良い去って行きます。

永夢は黎斗を追い詰めアクションロボッツクリティカルフィニッシュで黎斗を吹っ飛ばします。

飛彩はマッスル化をしてからドラゴナイトクリティカルストライクでカイデンバグスターを斬りゲームクリア。

黎斗はバグスターのデータ収集をしたところ、永夢達に詰め寄られ、仮面ライダーもバグスターも全ては究極のゲームの一部に過ぎないと一般人が仮面ライダーに変身し現実の世界でモンスターと戦う命がけのサバイバルゲーム『仮面ライダークロニクル』について語り始めます。

人の命を危険にさらすゲームなんかを作るために貴利矢の命を奪ったと永夢は許せずに黎斗につかみかかりが、満たされない人々に夢と冒険を与える、それがゲームというエンターテイメントに与えられた使命であり、それを与える才能が自分にあると開き直りと自己陶酔を始めます。

永夢は今まで死んだ人の無念を晴らすと言いますが、黎斗はレベルエックスの力を手に入れたと嬉々としてデンジャラスゾンビを使って変身。

永夢は絶対に黎斗を止めるとダーーーイ変身。

マイティブラザーズクリティカルフィニッシュを放ち爆発をするも黎斗は姿を消します。

上杉はゲーム病完治し、永夢に治療だけではなく無念を晴らすと言ってくれたと礼を言います。

目の前の患者を治療売るだけではなく、亡くなった人の思いも永夢は背負っていたとポッピーピポパポが嬉しそうに話すと、飛彩は永夢を見くびっていたのかもしれないと永夢への評価が上がった様子。

と言うことで、ゼロデイの首謀者が黎斗であったということが発覚しただけではなく、レベルエックスへと進化しました。

黎斗としては強化されたはずなんですが、いろいろと小悪党っぷりも表面化してきていて、不死身なのもおわりっぽくもあり、それを強める感じの予告にもなっていたりしますよね。

正直、エグゼイドは物語のペース配分や誰がいつどうなるのか予想しづらいので、黎斗が終わりそうというのもどこからどこまでが真っ当な流れで、どこからどこまでがミスリードなのか全く分かりません。

想定しにくい面白さというのは慣れてきましたが、同時に全体として上手くまとまるのかという不安と常に紙一重だと思わずにはいられないですね。

おまけ

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログラム