fc2ブログ

今日の仮面ライダーエグゼイド 第25話

「New game 起動!」

久しぶりにオープニングあり。

永夢が溜息をついて意気消沈しているのを、飛彩は以前ならば完全にスルーしてケーキを食べるのに邁進しているだろうに、スルーせず研修先の内科で上手くいっていないのかと聞きます。

永夢はそうではなく、ポッピーピポパポの姿が見当たらないことを心配していた。

そこに救急通報が立て続けにやって来て大混乱。

とりあえず、永夢は現場の1つに駆けつけると、急に具合が悪くなって倒れていたという男を見つけ診察します。

診察すると今までにない症状が出ていて、永夢は不思議がりますが、その男が敵を追っていたらという言葉がさらに不思議がらせます。

その男は仮面ライダークロニクルガシャットを取り出すと変身。

いきなり走り出し、永夢は慌てて後を追います。

永夢が追いかけていくとバグスターと戦っている何人もの変身した人々が。

ソルティバグスターの姿を見つけた男は特攻していき永夢は混乱。

飛彩も通報現場に行ってみると同じく、仮面ライダークロニクルガシャットで変身しバグスターと戦う人々がいて混乱。

永夢は変身し、バグスターに近づくなと割って入りますが、ゲームの邪魔をするなと吹っ飛ばされます。

そこに新たな男がやって来て仮面ライダークロニクルガシャットを使用し変身。

しかし、ゲームのやり方がわからずチュートリアルが無いのかと文句を言っていると、ポッピーピポパポが現れます。

飛彩の現場にもポッピーピポパポが現れ、仮面ライダークロニクルというゲームはプレイヤーがライドプレイヤーと呼ばれるヒーローに変身して現実の世界でバグスターと戦うゲーム。

リアルとバーチャルが融合した究極のゲーム、仮面ライダークロニクルは本日発売とポッピーピポパポは宣伝しまくり。

バグスターは初級から上級まで全部で13体。

全部のバグスターを倒してゲームクリアの証しを集めると、ラスボスへの扉が開かれる。

ライドプレイヤーはソルティバグスターを狙っていきますがレベルが足りずにあっさりと吹っ飛ばされます。

レベルが低いプレイヤーへの攻略情報。

ゲームフィールド内にはバグスターの他にレアキャラの仮面ライダーが出没し、仮面ライダーはゲームの攻略に役立つゲーマドライバーとライダーガシャット、ガシャコンウェポンを隠し持っている、見つけ次第ぶっ倒してレアアイテムをゲットということで、永夢はライドプレイヤー達から襲いかかられてしまいます。

飛彩も同じように襲いかかられますが、オペではないと炎で目くらましをして撤退。

混乱したままの永夢はマックス大変身で威嚇し圧倒的な実力差を見せつけ皆を撤退させますが、1人残った男が苦しみだし治療のために運ぶことにします。

幻夢コーポレーションの株価暴騰に驚いているところにニコがやって来て、無理矢理ニュースを見せられた大我は幻夢コーポレーションへ出向き新社長の天ヶ崎を訪ねます。

天ヶ崎の濃すぎる自己紹介を見て、ニコは幻夢の社長は変な奴ばっかと真っ当な反応を見せます。

大我は仮面ライダークロニクルを事前告知無しでいきなり発売した理由を問います。

天ヶ崎が企業秘密ですませようとすると、飛彩もやって来て、衛生省とCRの協力者であるポッピーピポパポが仮面ライダークロニクルに関わっている理由を問います。

天ヶ崎は新作ゲームのイメージキャラクターとして出演をオファーしただ、仮面ライダークロニクルに夢中になるだろうといって会社の中へと入っていきます。

黎斗は仮面ライダークロニクルを作るためにバグスターのデータを集めていたとすると、ポッピーピポパポも仮面ライダークロニクルに必要な存在だったのかもしれないと飛彩は推測。

永夢は運び込んだ男テンマにゲーム病にかかっている事を告げます。

テンマはゲームをクリアすれば良いって事だとして自分でゲームをしようとしますが、永夢は慌てて止めます。

そして救急通報を受け、テンマに絶対安静を言い聞かせて現場へ向かいます。

天ヶ崎はポッピーピポパポの前に現れて、仮面ライダークロニクルが大人気だと伝えて大喜び、グラファイトは10年以上開発してきたゲームをバグスターに横取りされて黎斗が哀れだと言うと、パラドも仮面ライダークロニクルを待ち続けてきた夢が叶いご満悦。

永夢が救急通報現場に着くと、仮面ライダークロニクルが行われていました。

大変身した永夢はソルティバグスターと戦いますが、レベル10に成長していて驚きます。

永夢はマイティブラザーズXXのガシャットを使おうとしますが、その前にライドプレイヤー達に囲まれて攻撃され変身が解けてしまい、ドライバーとガシャッとを奪われてしまいます。

永夢からアイテムを奪ったライドプレイヤー達は新たな武器を手にしソルティバグスターへと挑みかかっていきます。

永夢が呆然とその様子を見ている緒、パラドがやって来て仮面ライダークロニクルこそ求めていたゲームだと語り始めます。

永夢はパラドにこのゲームを奪うために黎斗を殺したのかと尋ねるとパラドはあっさり認め、パラドクスに変身。

新たな仮面ライダーが出現したということでライドプレイヤー達はパラドめがけて攻撃を始めます。

永夢は止めようとしますが誰も話を聞かず。

パラドは高速化ジャンプ強化マッスル化してパーフェクトクリティカルコンボを放ちます。

そして沢山のライドプレイヤー達をゲームオーバーに追いこみます。

そこにポッピーピポパポが現れ、もしも、戦いに負けてゲームオーバーになったら、そのプレイヤーは消滅すると笑顔で説明。

プレイヤー達は死にたくないと阿鼻叫喚のまま消滅。

コンテニューの利かないゲームでした。

永夢は憤りますが、パラドはこの世界で一番偉いと思っている人間が憎いとし、仮面ライダークロニクルは人間がバグスターを攻略するのではなく、バグスターが人間を攻略して人類を滅亡させるゲーム。

ゲームで攻略される側の気分を味わえと言い残してパラドは去って行きます。

天ヶ崎はワンサイドゲームじゃつまらないとポッピーピポパポにバグヴァイザーとガシャットを渡します。

ということで、仮面ライダークロニクルが始まりました。

人類が攻略される側のゲームということがはっきりしたので、今後の展開はどこへ向かうのかという不安はなくなりましたが、この手の展開って最終段階でありそうなものだけに、果たしてどうなるのか予測出来ないですね。

次回、ポッピーピポパポが変身となりますが、変身したあとどれくらいバグスターサイドにいることになるのかも気になります。

おまけ

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる