FC2ブログ

今日のキュウレンジャー Space.34

「謎の覆面戦士、現る」

バトルオリオンシップも手にいいれショウ・ロンポーも戻ってきたという事でドン・アルマゲを討ちに行くことが出来るようになったものの、チャンプはまだ過去から帰ってきていない。

ククルーガとアキャンバーが改造手術を受けた研究所でアキャンバー新しいおもちゃとしてチャンプを起動させた。

ジャークマターの正確な本拠地を知るだけということで、ナーガはバランスに頭の中に入って正確な情報を引き出すように言います。

改造したケンビキョウキュータマを使いバランスがナーガの中へと入っている間、とりあえず飯にでもするかという中、スティンガーはチャンプのことが気掛かりに。

その時ククルーガが地上からバトルオリオンシップを攻撃。

ラッキー達は地上に行くと、ククルーガは面白い物を持ってきたといってキュータマがやってくると、中からチャンプが現れ攻撃してきます。

ハミィとスパーダは負傷、ラッキー達はチャンプを止めようとしますが、振り払われます。

そこに現れたのがマスクマン姿のチャンプ・・・にしか見えないヤギュウジュウベエ。

ガルだけはチャンプに似た別人と感心しますが、チャンプだよねと総ツッコミ。

そしてヤギュウジュウベエはこいつもチャンプじゃないとククルーガが用意したチャンプを攻撃。

爆発すると、中からジャークマターが開発した牛型汎用破壊兵器ゼロ号が現れます。

ゼロ号の無差別攻撃をラッキーはタテキュータマで防いで、小太郎にハミィとスパーダを連れていくように指示。

ラッキー達はスターチェンジして戦闘開始しようとしますが、ヤギュウジュウベエが自分の敵だとして手出しさせず。

ラッキーとツルギはククルーガと戦闘開始。

スティンガーとガルはチャンプに似ているけれどもチャンプじゃ無い決戦の方へ行きます。

ヤギュウジュウベエはゼロ号に追い詰められますが、体から火花を散らすようになるとゼロ号をあっさりと吹っ飛ばし暴走。

スティンガーとガルはヤギュウジュウベエの暴走を止めようとしますが攻撃を食らいます。

ククルーガはラッキーとツルギの攻撃を悉く吸収してして、そのまま攻撃を返してくるので歯が立たずラッキーとツルギは撤退。

スティンガーとガルが必死に止めてヤギュウジュウベエは正気を取り戻した。

ヤギュウジュウベエはまた暴走してしまったというと、スティンガーは何があったのかはなさせます。

ヤギュウジュウベエは自分はチャンプではないという態度は貫きつつ、チャンプというロボレス仲間がいることは認めます。

ガルはすっかり信じて、覆面をさりげなくとろうとしますがヤギュウジュウベエはそれを振り払い、ゼロ号は自分がやるから手を出さないようにと言い去って行きます。

そこに、バトルオリオンシップから様子を知らせるようにという連絡が入り、スティンガーはゼロ号に逃げられたことを告げると、チャンプについてどうだったか聞かれます。

ガルはチャンプではなく、他人のそら似だったと言いますが、総ツッコミを受けます。

ガルはバカなのか疑惑が出ると、スティンガーもチャンプとは別人だから任せるように言いだし、何か考えがあるんだろうと。

チャンプが変装している理由は何かとなると、ツルギはククルーガがゼロ号を紹介する時にジャークマターで作られたと言っていたのを思い出し、あれは恐らくチャンプのプロトタイプであり、ジャークマターで開発されていたというのが関係あるだろうと。

スティンガーとガルはヤギュウジュウベエを追い、知り合いの話を聞きたいとチャンプについて話させます。

ヤギュウジュウベエはあくまでも聞いた話として話し始めます。

ショウ・ロンポーをコールドスリープさせた後、生みの親であるアントン博士に会いに行った。

アントン博士は何度もサイボーグ手術を繰り返し生き続けていた、チャンプは博士には会えなかったがジャークマターの科学者であるという素性を知った。

スコルピオの言っていたことは本当だった。

チャンプは自分が正義のロボットでは無い事を知ってしまった、暴走したのが何よりの証拠というヤギュウジュウベエにガルは暴走したのはヤギュウだろうと突っ込むと、慌ててチャンプも過去で暴走したと取り繕います。

スティンガーは暴走するようになった原因は自分をかばってぶっ壊れた時だと確信しますが、ヤギュウジュウベエは元々そう作られただけだから気にするなとフォロー。

スティンガーはチャンプが戻ってこない理由を尋ねると、正義のロボットでない以上キュウレンジャーとして戦う資格がないと。

ガルはヤギュウジュウベエに自分達は信じているから頼れと伝えてくれと頼みます。

そこにククルーガが襲撃してきます。

ヤギュウジュウベエはククルーガとゼロ号の相手は自分1人に任せるように言い、スティンガーとガルを返そうとします。

スティンガーは1人で背負うなといったのはどこのどいつだと言い返し、チャンプは誰よりも正義感に強い男、誰に作られようが関係無い、暴走したら止めるから信じろと説得します。

そこへシシボイジャーでラッキー、ツルギ、小太郎が助けに入ると、ヤギュウジュウベエは今こそ正体を明かす時とマスクを取ってチャンプであることを見せますが・・・ガル以外は知ってたの反応。

ガルは知らなかったのは自分とスティンガーだけなのかとショックを受けますが、スティンガーは一緒にするなということで、ガルは1人だけ気付いていなかったことにショックを受けまくり。

チャンプが改めてキュウレンジャー復帰という事で、揃ってスターチェンジし戦闘開始。

モライマーズロボが出現し、ショウ・ロンポーがスパーダとハミィと共にリュウテイオーで応戦。

ゼロ号と戦っている中、チャンプは暴走を始めガルはドロップキックで正気を取り戻させると、チャンプの暴走を止めるのはスティンガーだけではなく自分もだと言います。

小太郎のポラリスインパクト、ラッキーのレグルスインパクトをククルーガは吸収して跳ね返すとラッキーはシシレッドオリオンになり、ラッキー、ツルギ、小太郎のオールスターギャラクシー。

攻撃を吸収しまくるククルーガに対し、ツルギと小太郎は途中で力尽きるも、ラッキーは無限大の力で攻撃し続け、ククルーガが吸収に余裕が無くなったところをツルギと小太郎が斬りククルーガを追い詰めます。

チャンプのアルデバランインパクトでククルーガの前にゼロ号を吹き飛ばし皆揃ってオールスタークラッシュとオールスターギャラクシー、リュウテイオーもリュウテイオーメテオブレイクで一気に撃破。

ククルーガとゼロ号は巨大化すると、キュウレンオー、リュウテイオー、ギガントホウオー、オリオンバトラー揃い踏み。

追い込んでトドメを刺そうというところで、オリオンバトラーはラッキーに自分を使うように伝えるとバトルオリオンシップの姿に戻り、3体で支える形にしてオリオンビッグバンキャノン。

ククルーガとゼロ号を無事撃破。

バランスはナーガの頭の中から戻って来て、ミナミジュウジ座系の惑星サザンクロスにドン・アルマゲがいることが分かります。

これで目標がはっきりして盛り上がる中、チャンプは自分が暴走する事を皆に伝えようとしますが、スティンガーが止めチャンプ、スティンガー、ガルの3人だけの秘密にする事にします。

という事で、ようやくチャンプが戻って来ました。

バレバレの変装をしたのは、自分が正義のロボットではないと知ってキュウレンジャーに戻るに戻れなかったからという事ですが、これはアントン博士に直接会わなかったが故の誤解という可能性は高いですね。

元はジャークマターの科学者だったが裏切り者扱いでスコルピオに始末されたというので、チャンプそのものはジャークマター用では無かったという。

今後チャンプは暴走をどう扱うかという問題というか、1つの個性が加わって良かったんじゃないかと思ったりはしますね。

しかし、ガルは純粋というか何というか、狼ならば見た目に迷わされないで嗅覚で判断出来るんじゃないかと思うのは偏見でしょうかね?

次回は恒例?のアイドル回、ハミィはここらでガッツリ目立っておきたいですね。

おまけ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる