FC2ブログ

今日のマジック NBAレギュラーシーズン33戦目

ペリカンズ111-97マジック

今日のスターターは
PG エルフリッド・ペイトン
SG DJオーガスティン
SF ジョナソン・シモンズ
PF マーリス・スぺイツ
C  ニコラ・ヴチェヴィッチ

7連敗と着々と今シーズンの連敗記録更新への道を進んでいますな・・・

今日はスターターSGにベンチで唯一計算出来る得点源だったDJオーガスティンを入れてPG2人という形にし、ペリカンズ相手という事でアンソニー・デイビス相手にスモールラインナップではいいようにやられるだけという判断なんでしょうが、本職PFのスペイツをスターター起用と思い切りよく変えてきましたが、効果は全くなし。

スターターにしたオーガスティンはプレイタイムが長くなったのに2点3リバウンド1アシストと単にベンチスコアラーを無駄遣いしただけに終わり、スペイツも7点1リバウンドとゴール下での争いに期待したのに、リバウンドは戦力にならず得点も決めたのは3P2本とフリースロー1本という組み合わせですから、インサイド対策ということにもならず。

ジョナソン・シモンズが22点8リバウンド2アシスト1スティール、FGも10/15と確率良く決めているのと、ベンチスタートに戻ったマリオ・ヘゾニアが11点4リバウンド1アシスト2スティールとベンチスタートとしては悪くは無いというのと、今日のトップ10プレイの7位にドライブからのダンクで選ばれているという事くらいがせめてもの慰めですかね。

まぁヘゾニアが選ばれているだけならともかく、ペリカンズから4プレイが選ばれていてこの試合だけで半分トップ10って尺奪いすぎだろうと思わずにはいられないですし、根本的にトップ10プレイに選ばれるような攻撃を許しすぎなディフェンス何とかしてくれよと・・・

特にハイライト映像でことごとく、ビスマック・ビヨンボが振り切られているシーンが使われていて、ビヨンボってこんな動きが悪かったっけと本気で問い詰めたい(溜息)

ペリカンズはアンソニー・デイビスとデマーカス・カズンズのツインタワーが共に20点10リバウンド超えとやりたい放題。

今のNBAの流行とは違う方向性ですが、こういった形の成功例が出てくれば流行がまた変わるかもしれないという視点では面白い試みだと思っているので、できればマジック相手ではない時にこういう事をしてもらいたかった。

マジック相手だからやりたい放題できたという事が正解かもしれないですが。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

おまけ

カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる