FC2ブログ

今日の読書 幕末雄藩列伝/伊東潤

幕末の激動の世、この時代について書かれているものは多く出ていますが、時代そのものや人物に力点を置くものが定番ですが、藩単位で見てそれぞれの藩の明暗を分けたのはどういうものであったか、幕末を勝ち残ったものはどのように勝ち抜いたか、実力か節操なしか、負けた扱いとなった藩は、負けを回避できたのか、時流を読み違えたのか義に殉じたのかなどなどを歴史小説を書いている作家だからこそ、ある程度自由に読み解くと宣言すると同時に、史料はしっかりと使っているからねとしてまとめた物になります。

作品を読んでいるので、伊東潤がどういうものが好みであるのか結構見えてきているので、そう評価するだろうなとなったり、詳しくない小藩については存在すらよく知らないのでそういうものなのかと楽しく読めると同時に、これって絶対に小説のネタとしてもどこかで使うよねって深読みもしたくなります。

薩摩藩 維新回天の偉業を成し遂げた二才(にせ)たち
彦根藩 先祖の名誉を踏みにじった幕末最大の裏切り者
仙台藩 東北を戦禍に巻き込んでしまった「眠れる獅子」
加賀藩 一方の道を閉ざしてしまったことで、墓穴を掘った大藩
佐賀藩 近代国家の礎を築いた「蘭癖(らんぺき)大名」
庄内藩 全勝のまま終戦という奇跡を成し遂げた天才児
請西藩 「一寸の虫にも五分の魂」を実践した脱藩大名
土佐藩 無血革命を実現しようとした「鯨海酔侯」
長岡藩 薩長の新政府に意地を貫いた「腰抜け武士」
水戸藩 明治維新の礎となった勤王の家譜
二本松藩 義に殉じて徹底抗戦を貫いた東北の誇り
長州藩 新時代の扉を開いたリアリストたち
松前藩 幕末の動乱に巻き込まれた「無高大名」
会津藩 幕末最大の悲劇を招いてしまった白皙の貴公子

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

おまけ

カレンダー
12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる