FC2ブログ

昨日の牙狼-VANISHING LINE-第19話

「FAREWELL」

今回は真のエルドラドが完成間近になり、キングはソフィを捕らえることを最優先させる命令があったという事で、ソフィの奪い合いという展開でした。

ガルエデンのタワーが魔界植物に浸食され、エルドラドについて情報をえなければいけないソード、ルーク、ソフィは突入する事に。

道中で魔界植物に襲われていた社員を助け、まだ生存者がいるのかと進んだ先では魔界植物を操るクイーンと対峙することになり、ソードとルークが戦い始めると、魔界騎士は人に裏切られるのに弱いという弱点を突かれた形で、助けた社員は実はヴィショップの手下であるスタンリーでしたといったわけで、ソフィは囚われてしまい、ソードはソフィを助けに、ルークはクイーンと対峙する事に。

ソフィはスタンリーから地力で脱出を試み、兄のいた部屋を見つけ兄が自分の事を思い続けてくれていたことを知るも、書いた覚えのない手紙を見つけ愕然とすることに。

その間に、ソフィはスタンリーとルークとの決着をつけずに撤退したクイーンに見つかりまたもや囚われの身となるも、ソードとルークがやって来て、またもや争奪戦。

ソフィを連れて逃げようとしたスタンリーはソードに追いつかれ、奪い返されるとビショップがやって来て、人間爆弾とされソフィはヴィショップに奪われることになり、巨大脳髄のようなものへと放り込まれ、ソードは後を追うと光りに包まれ、ソフィは兄とソードは妹と再会したような感じへ。

という事で、エルドラドに入り込んでの最終局面開始編という感じなのでしょうかね。

キングの狙いが何であるのか明かされていませんし、エルドラド開発に確実にソフィの兄が関わっていることははっきりしているものの、どこからどこまで関わっているのか主体的なものなのか、無理矢理開発させられている立場なのか、キングの正体が兄なのか引っ張っていますね。

ソフィもソードもどういう理屈なのかは分かりませんが、幻の世界に入り込んでいる感じで次回になりましたし、そこからどう脱出するのか、脱出する前にどれだけなにがしかの情報を得る事になるのかというのが次の流れでしょうね。

そして、ガルエデンが巨大企業へと転換することになった10年前というのが、ソードにとって重要な事なんだろうというのも、どう繋がるのか気になるところですね。

おまけ

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる