FC2ブログ

今日のNBAプレイオフ・カンファレンス・セミファイナル

ジャズ102ー112ロケッツ

ロケッツがクリス・ポールの41点7リバウンド10アシスト1スティールという大爆発を見せてチームを牽引し勝ち抜け決定。

ジェームズ・ハーデンがFG7/22、3P1/7と決まらずに18点4リバウンド4アシスト2スティールと今ひとつであても、今年はクリス・ポールがいる事によって何とでもなるという強みが出た結果とも言えるでしょうか。

レギュラーシーズン1位通過ですし、順当な結果ではあるんですよね。

ジャズは負けはしたものの今シーズン、エースであってゴードン・ヘイワードがFAで移籍して、積み上げてきたチームを作り直さなければならなくなったとして前評判が低かったことを考えれば、カンファレンス・セミファイナルまで勝ち上がり、ロケッツに負けたものの遜色ない部分を出せたと考えると十分過ぎる結果ではありますよね。

全てはルーキーのドノバン・ミッチェルを引っ張ってこれた事のおかげと言えますね。

この試合も途中でジェームズ・ハーデンと激突してコートから出てしまったものの、24点4リバウンド9アシスト1スティール、リッキー・ルビオがプレイオフに入ってから怪我で欠場せざるを得なくなり、急遽PGとしてスターターを任されるなど緊急事態にも対応できていますし、ルーキーとしては信じられない活躍を見せ、ついにユタにも華のあるスターが誕生したかと、なかなか感慨深い感じになっていますね。

ルディ・ゴベールも12点9リバウンド1スティール5ブロックと守護神ぶりを発揮していますし、負けましたが、なかなか明るい未来を感じさせる終わり方ではあるのでは無いでしょうか。


ペリカンズ104ー113ウォーリアーズ

ステファン・カリーが28点7里バウの8アシスト1スティール、クレイ・トンプソンが23点6リバウンド3アシスト1スティール、ケビン・デュラントが24点6リバウンド7アシスト2スティール、ドレイモンド・グリーンが19点14リバウンド9アシスト2スティール2ブロックとビッグ4がしっかりと結果をだせば、そりゃ勝つでしょうという事で勝ち抜け決定で西のカンファレンス・セミファイナルは両方とも4勝1敗で決まりました。

ペリカンズはアンソニー・デイビスが34点19リバウンド1アシスト1スティール4ブロック、ジュル・ホリデーが27点10リバウンド11アシスト1スティールのトリプルダブルと奮闘しましたが、チームの層が違いすぎですね。

アンソニー・デイビスは今シーズン完全に1つ上のプレイヤーになった感がありますが、来シーズン以降のチーム編成がどうなるのかでこれが生かされるのかどうかが決まりそうですね。

デマーカス・カズンズ離脱以降の出来事だけに、どうなるのかいろいろと気になる人も多いのではないですかねぇ。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

おまけ

カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる