FC2ブログ

今日のJ2観戦 栃木SCvsFC町田ゼルビア

栃木SC0ー0FC町田ゼルビア

栃木とは入れ替わりとなっていたので、2012年以来の対戦ということになるのですが、私はその頃まだ野津田通いをしていなかったので、初めて対戦を見る事になりますが、そこそこ近いということなので栃木まで行ってきました。

電車の乗り換えという事を考えれば2回乗り換えただけで宇都宮まで行けたわけで、乗り換え回数だけ考えれば味スタに行くのと変わらない野ですが・・・かかる時間は全く別物でしたね、在来線だけ使っているというのもあるので時間がかかるのも仕方が無いわけですが。

宇都宮駅についたら、ボランティアの方が駅で直行バス乗り場を報せるために立っていてくれましたし、東口に行けばいいというのが分かってはいましたが、それを踏まえても分かりやすく助かりましたね。

バスに揺られてグリーンスタジアムに到着しましたが、初めて行くスタジアムということもありますが、バス降り場があまりにもスタジアム感がないのでここでいいのかと心配になるれべるでしたが、降り場からちょっと入っただけですぐにビストロトッキーという名のスタグルエリアがあって、こんどはそれでびっくり。

コンパクトに並んだ中で、宇都宮に来たからには外せないと、宇都宮餃子を食べ、今回初めて知った極太麺の宇都宮焼きそばという、焼きそばと言えば焼きそばだけれども、焼きうどんだよと出されてもそれはそれで納得しそうな焼きそばである豚焼きそばに手を出し、小山市民デーというのを目にしてもいたので、おやま和牛ステーキを食べてから入場。

ここのスタジアムはホームとアウェイの入場口が近いというか、全体的にイベント会場殻何から近い位置から中に入って席が分かれていくという、現場で分かりやすい、本当に良い意味でコンパクトなスタジアムでゴール裏で何となく普段の立ち位置あたりに席をとるというか、椅子が無い立ち見席なので居場所を作るというか。

試合中立ち通しで応援する分には手すりが前にあるという仕様は楽ですし、これはこれで良いとは思いますが、スペースの取り方がいろいろと微妙な感じになり、応援のためにはなんとか密集させようとするのがある種の儀式というか何というかですね。

GK練習開始、フィールドプレイヤーの練習の開始と続きますが、スタジアムの決まりなのか真ん中を使わずに、最初のうちは端っこで練習を始めるというのが初めて見る光景で驚かされましたね。

芝の状態がよろしくないとかだったんですかね?

出場選手紹介、相手の栃木には町田に在籍していて、当時私は大いに期待していた宮崎が今シーズンベンチにも入っていないことの方が多かった中、今日はベンチ入りしていてそれを目にするのも何となく嬉しいというのや、栃木のスポンサー様の挨拶で、今シーズンJ2に戻って来たばかりというのに、J2は通過点でJ1優勝を目指せというもの凄い理想の高いご挨拶があったりして試合開始。

栃木はフォーメーションこそ3バックという違いがありますが、やっているサッカーは基本被るという事で、中盤で激しいボールの奪い合いからシンプルに縦に突破しようとする応酬の中で基本押し気味かなという展開に。

前半向こう側に攻めているという事で、押し込んでいると言うところまでは分かる物の、じゃあチャンスとまでなっているのかというと、細かには分からず、押し込んでいるんだけれどもなかなかシュートまでは行けていないなぁという時間帯が続き、逆に攻撃は専用スタジアムだからこそ近くまで分かるので、必要以上に攻められてくる気分になり、それほどピンチではなくても、若干焦るという感じに。

得点が動かず、なかなかチャンスらしいチャンスも少なく、セットプレイも得点に繋がらない中、逆に決定機を作られて、ヤバいかもとひやりとさせられるシーンがありましたが、これを福井が片手で弾いて得点させず、改めて抜擢されてから守護神ぶりが板に付いているというか、高原直系のスーパーセーブだと目の前で見られて、ある意味これを見ただけでも宇都宮まで出向いた価値があると言うと、流石に言い過ぎですが、見た瞬間はそのくらいの気持ちではありました。

両チーム無得点で前半終了。

後半こっち側に攻めてくるという事で、得点を期待するも、前半押し込んでいるように見えてもなかなかチャンスまで作れていなかったのはこういう事なのかと栃木のディフェンスの当たりがよく分かるという状況。

なかなか互いに得点に結びつかないようなつぶし合いが続き、選手交代で流れを変えるという狙いになるかと思っていたところ、先に栃木が動き最初の交代が宮崎という事で個人的にこの試合に合せてきたのかと変に盛り上がりますが、活躍されても困るので何事も無かったかのように切り替え。

町田もロメロ・フランクとドリアン・バブンスキーと同時に2枚替えと変化をつけようとしますが、なかなか決定機までいかず。

後半41分と終盤も終盤に吉濱を平戸に交代して、交代した足でそのままFKというこれで得点が入ったらば格好良すぎるんだがと期待しましたが、得点にはならず。

我慢比べのような試合、終盤も終盤4分と長めのアディショナルタイム互いにセットプレイのチャンスを作り、これを決めた方が勝つという気が抜けない展開になりますが結局決まらずスコアレスドロー。

勝ちきれなかったという気持ちもありますし、よく失点せずにすんだという気持ちもあるしという、最後まで我慢比べだったなぁという試合でした。

これで4試合連続で負け無し3試合無失点、福井が先発になってから3勝1分で1失点という事を考えると、スーパーセーブをしているというだけではなく、チームの起爆剤になった感じですね。

今日の結果で暫定3位となり、1位大分、2位山口と上位3チーム揃ってJ3経験チームという事になったということで、J3からJ2に上がるということは、それだけ地力も着くという事なのか、地力が上がっていくようなチームで無い限りJ3を勝ち上がれないという事なのか分かりませんが、今後検証されていくのかなぁって、山口は普通に上がったというだけですが、大分にしろ町田にしろJ2降格経験チームというわけですから、降格から復活した事の影響というのは注目されるかもしれないですね。

だからといって、1度J3に落ちれば強くなるなんていう風には考えない方が良いでしょうが。

帰りはやはり駅までバスというのは色々と時間が計算できないんだよなぁっていうのを感じましたね。

帰りの電車の本数が少ないというのと、慣れない土地だからというのとあって必要以上に気になった部分もありますが、スタジアムから出てすぐくらいで渋滞に巻き込まれているなぁとなった時は、ちょっとなぁってなりましたが、巡り合わせよく座っていたので疲れなかったのは幸いでしたね。

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

おまけ

カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる