FC2ブログ

今日のJ2視聴 ロアッソ熊本vsFC町田ゼルビア

ロアッソ熊本2-3FC町田ゼルビア

昨日の結果を受けて暫定7位の状態での試合。

栃木戦、天皇杯の鹿島戦と連敗というあまりよろしくない流れというのもあり、このまま順位を一気に落としてしまう結果も頭の片隅に覚悟しながらも、アウェイの方が強い、特に九州では強いというイメージから、最悪引き分けには出来るだろうという楽観的なものがない交ぜになりましたが、試合立ち上がりから良い流れを引き寄せ、セットプレーのチャンスが続き、9分コーナーキックを平戸が蹴り中島がヘッドで押し込んで早々に先制点。

さらに立て続けに18分に右サイド平戸からのクロスを中島のヘッドで2点目と、これは今日は安心して見ていられる試合になるのではないかと、鹿島との試合経験によって強い相手の動きに付いていこうとしたのに比べて自分達のやりたいことが楽に出来る感覚になっているのではないかと。

しかし、2-0は危険なスコアというネタなのかガチなのかわからない俗説ではないですが、本当に危険になってしまって熊本に流れをもって行かれることに。

決定的なピンチをしのいだりもしたものの、31分熊本のクロスからセカンドボール争いな混戦になり、安に振り返り様放ったシュートが決まって差を詰められる事に。

これで熊本が息を吹き返し、そのまま押し込まれて我慢の時間帯が続き、主導権を握られた形で前半終了。

後半立ち上がり、1発目の攻撃で流れを掴むかと思いきや、CBの藤井がボール扱いで分かりやすく危なっかしくミスしたプレーから一気に流れをもって行かれ、勢いづいた熊本が左サイドを破ってクロス、藤井が悪い大勢で中途半端なクリアが安の目の前に出てしまい、走り込んでシュートを決められ同点。

どうも悪い流れになったということで、久しぶりにベンチスタートとなったエースの鈴木孝司を入れて変化をつけようとするも、なかなか主導権を取り戻すまでいかず我慢の展開のまま。

なかなか流れが掴めない中コーナーキックのチャンスを掴み、70分平戸のコーナーキックを藤井が失点にもろに絡んでしまったのを取り返すような強烈なヘッドでなんとか勝ち越し。

75分に安が2枚目のイエローで退場、1人少ない方が必ずしもダメだとはならないというのは、ゼルビアが何度も証明していますが、逆にやられた形で1人多いという余裕は全く感じられずひたすら我慢の時間帯。

疲れで倒れたり足が止まり気味になったりする選手が多々目に付くようになり、中島が足を痛め交代。

単純に疲労による限界であり、怪我ということでは無い事を試合中に祈ったりしましたが、それはそれとして、我慢の展開は続き、何とか逃げ切り成功。

4試合ぶりの勝利で暫定ながらも2位に上昇となりましたが、この勝利は鹿島戦でボッコボコにされた事の刺激があったからこそですかね。

3アシストの平戸、2ゴールの中島、1ゴールの藤井と鹿島経験者(藤井はユースだけとはいえ)だけがゴールに絡んだという事を踏まえると、全く見当外れということではないのではと勝手に思っておきます。

しかし、まだこの時期に暫定とはいえ2位ですからね、シーズン6位以内を目標に掲げた時は大きく出たなぁと思っていましたが、まさか達成出来てもおかしくないという事になるとは、嬉しいものですが、こえを踏まえてホームの観客動員数という結果もつなげられていればなぁとも思ったりはしますね。

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

おまけ

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる