FC2ブログ

今日の読書 ライト マイ ファイア/伊東潤

敗者視点の歴史小説を多く世に送り出している伊東潤による、ミステリー小説と歴史小説の中間地点のような作品になります。

現代で起きた死者10人を出した簡易宿泊所放火事件。

貧乏人の吹きだまりのような場所での事件だけに被害者の中には身元がはっきりしない人物も混ざっており、身元を突き止めようと「1970」「H・J」と気になる手がかりを追って捜査する事に。

1970年、学生運動という名の暴力的左翼が存在感を放っていた時代、学生運動に潜り込むために偽りの大学生の身分を与えられて潜入捜査を命令された警察官。

警察という身分がバレると、リンチされるという危険な任務の中で、少なからず左翼思想に傾きかけたり、崇高な目的を掲げ、目的が正しければ犯罪行動も正当化されるという、無謀な正義感という、雑なところは雑だと突っ込まざるを得ない中、話はどんどん大きくなってというものを、章ごとに前半は現代、残りは過去という形で双方とも時系列で進んでいくという構成になっています。

極左学生運動の行き着く先は、歴史上の事件である「よど号」ハイジャック事件ですが、実在の人物を使った歴史小説と違い、舞台となる大学も架空のものが用意され(現実に存在する大学も普通に登場しますが)ハイジャックされた飛行機の名前を微妙に変わったりと、歴史小説にするにはまだ歴史上の出来事として消化できないくらいの期間しかたっていない、実在の人物を使ってやりきるには、フィクションとして料理してしまうと問題が起きてしまうし、自由にやりきれないということで、こういう形にまとめたというものですね。

当時の暴力的な左翼活動を、こういう説でまとめあげるんだという感じですね。

作りは、完全に歴史小説の手法ですし、今までの歴史小説の中にも本能寺の変のように小説入り乱れながらも謎はこれが正解というものは出ていないものを、小説上の正解としてミステリー小説の手法、事件によって一番得をしたのは誰かという視点というか、まぁ70年代がすっかり歴史上の出来事といっても構わなくなっただけに、それからの歴史、社会の流れからの推測という感じですね。

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

おまけ

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる