FC2ブログ

昨日の神ノ牙-JINGA- Episode11

「虚構の大儀/事実の真理」

番犬所にはホラーから人間に戻ったヒトシが運び込まれ、表向きホラーである刻印は認められなかったものの、まだ完全に人間であるという確証までには至らず、葉祐法師によって確かめられることになっていた。

ジンガは狼斬達と互角の戦いを繰り広げ、刀眞を逃したものの合流できる目処もつかず気持ち劣勢となっていた。

そこに楓沙がジンガを助けるために合流すると、ジンガは楓沙に刀眞を助けるように指示。

楓沙は追っ手の魔界法師に術を使い、刀眞と合流するが、狼斬相手にジンガが苦戦しているのを見ると、刀眞はこのままではいけないと思い、ジンガのホラーを人間に戻す能力は本物である事を示すために番犬所に行くことを決意し、戦闘中のジンガと狼斬にその事を告げ戦闘を辞めるように頼む。

ジンガはそれを受け入れられず、アルヴァ外すと狼斬は部下の法師達に刀眞にはその事を見せないようにと指示し、ジンガへと向かうが、アミリが突然現れ行く手を遮る。

楓沙は目の前のジンガにどっちのジンガなのか尋ねると、ジンガは楓沙が転生前のジンガの存在を知っていたのかと気付き、自分は自分だと安心させるように近づくと、楓沙を一突きにし、良い相棒だったと言葉をかけます。

刀眞はジンガに向かって駆け寄ろうとすると、ジンガとの間に壁が出現しそのままドーム状にジンガを覆い、刀眞は時が止まったようになる。

転生前のジンガが楓沙をお姫様だっこで運んでくると、現在のジンガは邪魔はさせないと対峙。

転生前のジンガは、楓沙を殺した事で煽ると、ジンガは楓沙は自分を裏切ったから殺した、正義のためにはこれくらい仕方が無いと必死になって自己弁護するも、転生前のジンガは正義は大切な人を殺さないといけないというのは悪じゃないのかと煽り、ジンガ対決へ。

鎧の召還とホラー体となったまま決着はつかず次回へ。

という事で、前回終盤からのジンガは転生前のジンガが表に出てきたということではなく、選ばれた者であるという思いが強くなりすぎていて暴走してしまっていたという事になるのでしょうか?ちょいちょい転生前のジンガが誘導していたという事もあるかもしれないですが、魔界法師としては優しすぎることが欠点だったという所から遠いところに行ってしまったという感じで、これはどう転んでも悲劇しか待っていない結末なんでしょうが、牙狼としては異質のことをやっているので、本当に終着点が見えないのでどうなるのか気になりますね。

おまけ

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる