FC2ブログ

今日のNBAプレイオフ・カンファレンス・ファイナル

バックス112-118ラプターズ

ダブルオーバータイムと縺れに縺れた末にホームのラプターズが勝利し、これで3試合ホームでの勝利はお互いに譲ら無い結果になりました。

ダブルオーバータイムという事で、クワイ・レナードは52分36点9リバウンド5アシスト2スティール1ブロック、パスカル・シアカムは25点11リバウンド1アシスト3スティール2ブロックと、フォワードコンビがどれだけタフネスなんだよと。

クワイ・レナードが重要な試合での勝負強さがあるのは証明済みですが、シアカムの活躍ぶりは今シーズンのMIPファイナリスト3名に残っただけのことはありますし、プレイオフの結果も考慮されていたら、露骨に影響が出るだろうというくらい。

カイル・ラウリーは11点4リバウンド5アシスト1スティールにファウルアウト、ノーマン・パウエルも19点4リバウンド3アシスト1スティールにファウルアウトというあたりもダブルオーバータイムの影響を感じますね。

ファウルゲームが試合をつまらなくするという観点から、ファウルをする事による損失が大きくなるようにルール改正を重ねてきて、ファウルアウトそのものも珍し目になっている中、こういうゲームではファウルも増えるんだなぁと。


バックスはヤニス・アンテトクンポが12点23リバウンド7アシスト1スティール4ブロックにファウルアウトと、シュートが入らずディフェンス・プレイヤー・オブ・ザ・イヤーのファイナリスト3名に残った選手としてディフェンス面だけが目立った試合になりましたが、得点面でもエースでないと厳しかったですね。

ベンチスタートのマルコム・ブロングドンが20点5リバウンド1アシスト2スティール、ジョージ・ヒルが24点7リバウンド2アシスト2スティール1ブロックと活躍し、負担はやや分散されていることが次の試合で有効にできるかどうかというのは、鍵になるかもしれないですね。

東のカンファレンス・ファイナルはどちらも簡単に勝ち上がるとは考えていなかったので、まだまだ縺れるんじゃ無いかなぁって思いますね。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

おまけ

カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる