FC2ブログ

今日のバスケットボール・ワールドカップ 準決勝 アルゼンチンvsフランス

アルゼンチン80-66フランス

共に優勝候補の一角相手に勝ち上がり勢いに乗る同士の対決。

生ける伝説ルイス・スコラがいるアルゼンチンを応援したくなる気持ちもありますが、やはりみんな大好きオーランド・マジック所属の選手であるエヴァン・フォーニエに勝ち経験を積んでもらうためにもフランスが勝ってくれるのが都合が良いですね。

立ち上がりからアルゼンチンは前の試合から引き続きスコラとファクンド・カンパッソがチームを牽引し一気に突き放しにかかり2桁得点差をつけるも、フランスはベンチ・スタートのアフロヘアなルイス・ラベイリが得点を重ねチームの起爆剤になり追いつきかける。

しかし、アルゼンチンは追いつかせず21-18で第1Q終了。

残り7分 動物の耳カチューシャみたいな髪型のマティアス・レソートのチップインダンクでフランスが逆転するも、アルゼンチンは焦らず再逆転し主導権をすぐに取り戻し、そのまま試合が進み、最後はカンパッソのブザービーター3Pで39-32とアルゼンチンのリードで前半終了。

良い終わり方をしたアルゼンチンはその勢いをハーフタイムを挟んで持ち越し、カンパッソとスコラがコートのいる時の安定感、安心感が強く60-48とリードを広げ最終Qへ。

アルゼンチンはディフェンスの集中力が切れず、フランスはなかなか追撃態勢へのきっかけが掴めず、アルゼンチンが逃げ切りで決勝進出となり、決勝の相手はスペインというスペイン語圏対決となりました。

スコラは28点13リバウンド2アシストと黄金世代最後の生き残りとして、本当に黄金のスコラ像を造った方が良いという時空が歪んだ活躍。

カンパッソは12点7リバウンド6アシスト1スティールでチーム1の+/-となる+19、ガブリエル・ディックが13点2リバウンドとベンチから安定感を与えたりしましたが、そこら辺を全部ひっくるめて、この大会はスコラのための大会と化しているなぁと。

フランスは我らがフォーニエは16点2リバウンド2アシスト1スティールと悪くは無いのですが3Pは1/6と誤算。

ルディ・ゴベールは3点11リバウンド1ブロック、点数が取れていないというよりも、そもそもシュートが3本に終わっているのはなぁ・・・と。

フランク・ニリキナが16点2リバウンド2アシストと得点面では頑張りましたが、PGとなるとチームを乗せきれなかった、ここら辺はニックスで勝利経験を積めなかったあたりの影響もあるのかもしれないですね。

フランス全体で3Pが7/31と入らなかったのが、なかなか追撃態勢に入れなかった要因にもなり、どうにもシュートが外れていると、プレーが軽く見えてしまったりもしましたし、フランスがどうこうよりも、アルゼンチンが完全に勢い付いたという事ですかね。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

おまけ

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる