FC2ブログ

今日の読書 さよならの次にくる〈卒業式編〉/似鳥鶏

デビュー作である『理由合って冬に出る』に続く、市立高校を舞台にした学園ミステリのシリーズ2作目になり、長編だった前作と違い連作短編型長編であり、卒業式までという区切りがありながらも前編扱いという変った形式のものになります。

前作同様に基本的に1年生の美術部員の葉山が主人公であり、探偵役は3年生の文芸部部長である伊神となりますが、卒業式まで行くということで伊神は卒業、これで今後シリーズとしてどうなるのかと思わせておいて、この1冊はあくまでも前編というあたりに後編に仕掛けが仕込まれていると予想させる作りになっていますし、これはこれとして1つの作品としてまとまっている感じにも仕上げられています。

学園ミステリをシリーズ化する場合、きちんと時間を進めていくと卒業という行事がありますし、学年が違うレギュラーキャラクターがいる場合、その卒業によってシリーズが継続するのか、区切りが良いから止めることにするのかというのが問題としてあると思うのですが、シリーズ2作目にそれをぶち込んできたって、結構攻めたことをしていたのだなぁと感心してしまいますね。

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

おまけ

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる