FC2ブログ

今日のマジック レギュラーシーズン 43戦目

マジック95-109ウォリアーズ

今日のスターターも
PG マーケル・フルツ
SG エヴァン・フォーニエ
SF アーロン・ゴードン
PF ケム・バーチ
C  ニコラ・ヴチェヴィッチ

改めて定評のあるクラッチタイムの弱さを露呈させてしまった試合になりますね・・・

マーケル・フルツはFG10/14と入れまくっての23点6リバウンド4アシスト1スティール、ドライブからのワンハンドダンクが今日のトップ10プレイの4位に選ばれたりと、ここに来て安定感はまだですが、かなり試合勘を取り戻してドラフト1位指名選手としての本来のの姿に戻っているのかなと思えますね。

ただ、ヴチェヴィッチが13点13リバウンド3アシスト1スティールはともかくFGが6/19と確率が悪かったりでは勝ちに繋げるのは難しかったかなと。

モハメド・バンバが6点7リバウンド1アシスト1スティール4ブロックと本来の実力の一端を出せるようになっていたり、ゲイリー・クラークが5点5リバウンドと怪我人が多くて困っているフォワード陣の穴埋めの役割が一定の計算は出来そうであるとか、マイケル・カーター・ウィリアムスが怪我から復帰してテレンス・ロスがゴール真下で受けてからのダンクへと繋がるパスを通して今日のトップ10プレーの2位に選ばれていたりと、一応次に繋がりそうな点はあるのは、せめてもの事になりますが、まぁ惜しい試合までは出来るけれども勝てないという時代が長すぎるので、良い点探しもなかなか額面通りにはならないのですがね。


ウォリアーズはデアンジェロ・ラッセルが26点と爆発しただけでは無く、エリック・パスカル、ジョーダン・プールが21点とったりとサマーリーグのような若手が活躍してしまって、マジックはこういう誰だよというような扱いになってもおかしくない選手がこういったことが出来ないので羨ましいというのはありますね。

そして、何気にマーキス・クリスはウォリアーズをカットされたと思ったら出戻っていたんですね。



キングスとブレイザーズの間でトレードがあって
ブレイザーズはキングスからトレバー・アリザ、ウェンデル・ガブリエル、カレブ・スワニガン獲得。

キングスはブレイザーズからケント・ベイズモア、アンソニー・トリバー、ドラフト2巡目指名権2つ獲得。

ブレイザーズはシーズン中に実績のあるフォワードを補強するのが続いていますね。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

おまけ

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる