FC2ブログ

今日のスーパー戦隊MOVIEパーティー

劇場版のスーパー戦隊VSシリーズ、今回はそこに新戦隊のテレビ本編前のエピソードゼロをくっつけて放映という事でスーパー戦隊MOVIEパーティーという事になりましたが、ちょっとした顔見せで出演させていた時と比べると分けて正解だったなという感じですね。

まずは騎士竜戦隊リュウソウジャーVSルパンレンジャーVSパトレンジャーから。

ルパンレンジャーVSパトレンジャーとテレビ本編からVSシリーズのような事になっていた前作のせいでタイトルが面倒臭い事になっているのはそういうものとして、基本的な作りは例年のVSシリーズらしいところもありますが、VSという事で最初の出会いは対立的で、そこから誤解が解けて共闘というものに持っていくところは過去作の中でも薄めになっていて、分かりやすくリュウソウジャーがリュウソウケンを持って街中にいたら国際警察に銃刀法違反で捕まるよねというくらいですかね。

国際警察の面々は基本的に立場は変わらず(ヒルトップ管理官が出演しなかったのは残念ですが)快盗はジュレを後にして3人が新たな生活を始めていてというところが後日談的な要素になりますね。

ギャングラーの生き残りが騎士竜をお宝として金庫に入れたという事で、それを救い出さなければいけない、そのために共闘していくもので、共闘するまでの流れ、いろいろと集まったり出会ったり、カナロはつかさ先輩にいきなり求婚してみたりとか、それぞれのらしさをぶち込んできたりお祭りのための話らしさが満載で楽しめました。

あとリュウソウジャーは倒してから巨大化という流れをやめてしまったので、今回しっかりと等身大で敵を倒すシーンが物凄く新鮮に見えましたね、リュウソウジャーの実験要素として等身大での戦闘での決着がないというのは、やっぱり多少無理矢理であっても1回決着がついて、そこから巨大戦へというものを、お約束として開き直った方が正しいなと再確認させる事に繋がったなって思いましたね。


キラメイジャーはテレビ放送前の本格的なお披露目という事で、エピソードゼロとなりましたが、これを1話にしても違和感がないものになっていますね。

メインプロデューサーが久しぶりの塚田Pという事で、デカレンジャーやゲキレンジャーのようにレッドが最後に合流する形が好きっぽいので、1話でレッドを合流させるとなるならばその前日譚としてこういう形で映画化するというのはやりやすかったんだろうと思いますね。

とりあえず現段階では王道作品な感じで、安心感のおけるものになりそうな感じでテレビ本放送が楽しみですね。

おまけ

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる