fc2ブログ

今日の読書 白鳥とコウモリ/東野圭吾

善良な弁護士が遺体として発見され、早い段階で容疑をかけられた男はあっさり殺害を自供し事件は早期解決したと思われた。

しかし、被害者側も加害者側も自供内容に違和感が残ってしまい真実なのかどうか疑ってしまう。

2017年に起きた殺人事件のきっかけとなったものは1984年に起きた事件がきっかけだとの犯人の自供を元に加害者の息子は真実を知りたいと動き出す。

東野圭吾作品は事件の動機であるとか、事件そのものも重要視しながら事件後の影響、被害者加害者の家族に降りかかる二次災害とでも呼びたくなる物に力点を置いた作品が多く、作者の特徴にもなっていていますが、今作も作者の過去作品とこの要素は似ているななど思い浮かんで来たりします。

それを踏まえて最後まで予想出来なかった真相にたどり着くところが凄いなと心底思えるものになっていますし、普段物事を全否定か全肯定の二択で考えがちな人は、単純な二項対立構造で物事は解決出来るものでも無いというのを考える機会になり得る作品ですね。

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

おまけ

カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる