fc2ブログ

今日の読書 乱都/天野純希

室町時代終盤、応仁の乱から始まった戦国時代の京都という激戦地そのものを主役にした連作短編型長編になります。

戦国時代を舞台にした歴史小説は把握しきれないほど大量にありますが、応仁の乱そのものは歴史上の出来事としての知名度と比べると一気に減りますし、京都という地も重要な位置を占めていることは触れられいますが将軍家であるとか、公家が扱われるということもあるにはありますが、あまり主軸として扱われる事は少ないなというのはあると思います。

京都という地をめぐり、人物としては主役が時系列共に移り変わっていくという事でも試みとして面白い作品になっていると思います。

畠山義就、細川政元、大内義興、細川高国、椿屋平三郎、足利義輝、足利義昭と続く形になっていますが、畠山義就や細川政元あたりは応仁の乱が小説のネタとして人気があればガンガン描かれている位置づけになるのでしょうが、なかなか主役扱いで出会うことはないですからね、改めて応仁の乱って小説のネタとして今ひとつなんだなって再確認する事になりました、本文でも応仁の乱はかなりはしょられますしね。

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

おまけ

カレンダー
10 | 2021/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる