fc2ブログ

今日の読書 魔女と過ごした七日間/東野圭吾

『ラプラスの魔女』のシリーズの3作目になります。

AIによる監視システムが強化され、指名手配犯の顔を記憶し探し出す見当たりという役割が縮小され、その関係で警察を辞めていた男が殺害された。

中学生の息子は父親殺しの犯人を同級生の友人と不思議な力を持っている自称魔女と共に探ることになる。

一方警察も単純な殺人事件としての捜査としては不可解な条件がつけられ、それに疑問を持ち単独行動をする刑事も出てくる。

被害者の少年視点での冒険小説的なものと、色々と面倒な事になっている警察小説と同時進行させて、そこに東野圭吾の得意分野である現在の科学的な状況よりも微妙に進んでいる、解明されていることが微妙に増えているというもので味付けをするという、要素としては詰め込み過ぎのように見えて、それでいて消化不良を起こさず万人向けになるようなバランスを持ってエンターテインメントとして最初から最後までしっかりと楽しめるようにまとめ上げたという職人芸を感じさせる作品になっています。

『ラプラスの魔女』が2015年『魔力の胎動』が2018年の作品と結構前に読んだものなので、がっつりと繋がりがあるようなものだったらどうしようと思いましたが、シリーズ物としては連続で読まないと分からないという類いのものでは無かったので、仮にこれを一番最初に読んだとしても大丈夫かもしれないですね。

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

おまけ

カレンダー
05 | 2023/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる