fc2ブログ

今日の読書 殺戮の狂詩曲/中山七里

悪徳弁護士の御子柴礼司を主人公にしたシリーズ第6弾になります。

高級老人ホームで発生した介護士による大量殺人事件、令和最悪のモンスターと呼ばれる被疑者に御子柴礼司が国選弁護士を引き受けるという事態となり、どこからどう考えても無罪を勝ち取るのは無理筋なのに自信ありげに弁護を引き受けたという事で、どういう結末になるのかという話ですね。

中山七里はどんでん返しの帝王という異名をつけられるくらい最後の最後まで気を抜けない作品がほとんどを締めていますが、その中でも御子柴礼司が絡むと色々とひっくり返るわけであって今作品でも遺憾なく発揮されています。

そして今回の事件は元ネタとなる凶悪犯罪の存在は知らない人はいないだろうというくらい有名なものになるわけですが、その元ネタがあるよねというのは誰しもが分かるようにしていながら、元ネタは元ネタでありそれをどう利用するかは作者の腕次第とばかりに他の元ネタとなる事件や時事ネタを取り込みながら、フィクションとしてシリーズにしっかりと適応させてくるのが中山七里の真骨頂だなと思わずにはいられないですね。

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

おまけ

カレンダー
05 | 2023/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる