fc2ブログ

今日の読書 日本史サイエンス/播田安弘

副題が『蒙古襲来、秀吉の大返し、戦艦大和の謎に迫る』というもので、この3つについて歴史学者視点ではなく、元造船エンジニアである筆者が残っている記録、数字をもとに通説は物理的に可能なのかどうかという視点で考察するというものになります。

蒙古襲来、いわゆる元寇はかつては神風という名の台風によって元軍は海の藻屑となったというような通説でしたが、それは元々記録として残っていた『八幡愚童訓』からの影響が強く、当時としても武士が真っ当な国防に奮闘したという記録を残した方が都合が悪い(鎌倉幕府がそれに報いられていない)という事もあったりしたわけですが、この神風神話だけが一人歩きして、窮地に陥っても日本は神風が吹くから大丈夫と言う根拠無き楽観論を形成してしまった。

また戦後の教育は戦争そのものをタブー視してしまい軍事史についての検証がしっかりとなされず、しっかりとした国防が出来ていたという着地点にはしたくなかったために、蒙古襲来が実際どのように行なわれたのか実地検証をまともにしてこなかったなどなど。

そういったものを船について専門家なので、当時の船ならばどれだけの人数や食料を運ぶ事ができて、それがどうやって上陸させることが出来て、船酔い具合はどれくらいのものが考えられてと検証していくのは読んでいて楽しいものに仕上がっています。

秀吉の中国大返しについても、実際どれくらいの速さで実行出来るのか、人間の活動限界などなど考慮し考察、また無用の長物扱いになってしまった戦艦大和は実際に当時すでに戦艦としてダメだったのかという事に対しては戦艦としては当時世界でも屈指の存在だったが、活用方法が時すでに遅しだったという結論などなどその根拠含めて、歴史検証について新たな観点というか、自然科学と人文科学と分けていくのは無理だよねって改めて思わされましたね。

ただいわゆる理系分野は文系に虐げられているというか何というかね、教育分野は自然科学に一番金が集まる形にして行かないとダメだよねって個人的には思いますね。

序列として自然科学、人文科学、社会科学でいいだろうって(大学の一般教養ってこういう分け方を現在でもしているのか知りませんが)

第1章 蒙古軍はなぜ一夜で撤退したのか
第2章 秀吉の大返しはなぜ成功したのか
第3章 戦艦大和は無用の長物だったのか
終 章 歴史は繰り返される

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

おまけ

カレンダー
11 | 2023/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる