fc2ブログ

今日の牙狼<GARO>ハガネを継ぐ者 第8話

「閃」

迷宮アリビスは壁が動き、流牙と創磨は閉じ込められる事になった。

創磨は流牙に、昨日ホラーを斬った後何を思ったと尋ねた。

かつて父さんもあんな顔をしていて、魔戒騎士は強ければそれで良いと思っていたが流牙を見て自分に足りないものがある自覚した。

そんな創磨を見てゴドウの言葉を伝えようと流牙は破滅の門の謎を解くために各地を回っていたゴドウに出会い閃光剣舞を伝授してもらった時のことを語る。 

閃光剣舞は闇に打ち勝つ力を持たないと自我を失う恐れがあるというゴドウの説明に、闇の試練を乗越えた事があると流牙は鎧を召喚すると、闇に打ち勝ったお前ならとゴドウは受け入れた。

閃光剣舞を使いこなす事ができるようになった流牙にゴドウは閃光剣舞には対になる技がある事も教える。

ゴドウは流牙に時分には息子がいて、俺にとって息子は牙狼、希望という意味だろうと語り、いつか息子にも閃光剣舞を教えると言い、別れ際には息子に会った時はよろしく頼むと告げ、ゴドウは息子に閃光剣舞を伝授する事に迷いもあった事も告げます。

全ての事象は始まりにあるという言葉を流牙は創磨に伝えていると、始まりという言葉に引っかかりを覚え、ちょうど壁を移動させてムツギ法師おコヨリが現れると、コヨリに入り口にあった石碑に刻まれた言葉を言わせると、破滅の門への行き方に確信を得ます。

始まりと終わりが同じという事に気付き、迷宮の床に描かれた紋様に剣を突き刺すと破滅の門への入り口が出現。

流牙とコヨリが入り口に向かうと、魔導筆が赤く光り流牙とコヨリは迷宮内に飛ばされた時と同じく姿を消すことに。

創磨はコヨリを助けた時と同じように向かおうとするもムツギ法師に止められる事となり、ムツギ法師と2人で破滅の門を入り、父さんと口にして崩れ落ちることに。

流牙とゴドウの関係性が語られる事になりましたが、流牙も創磨に語るタイミングというのは考えていたようですね、閃光剣舞を使えることは見せていましたし、知り合いである事は隠していませんでしたが、創磨がある程度は落ち着いた状況でないと語ってもダメだと言う感じでしたし。

そして劇中では閃光剣舞とついとなる技に関しては、光りと闇の力を真逆に使うという事は教えていますが、しっかりと教えた描写はないわけで、これは重要な事になりそうですね。

そして、ムツギ法師はいったいどういう事なんでしょう?

おまけ

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる