fc2ブログ

今日の読書 猿田彦の怨霊 小余綾俊輔の封印講義/高田崇史

高田崇史の小余綾俊輔のシリーズとなります。

前作の『采女の怨霊』のほぼ直後の話となりタイトルにある通りに猿田彦神についての謎を追うものになっています。

歴史ミステリー作品としては現実の事件と絡めて歴史上謎を解くことが同時進行のように行なわれるのが多いのですが、高田崇史作品はその傾向を弱めていき、本当に歴史の謎を考えるという話ですね。

いろいろと出番はあるのに詳しい説明がない猿田彦神、そして何かと侮蔑的な扱いとなっている猿。そうなった背景に何があるのか、外来文化を別物に変容させることが日本の特徴のひとつであることなども絡め、怨霊となるようなものに対してどういう扱いをしてきたか等々からめて考察しています。

一連の高田崇史作品を読んでいるとこういう結論に行くよねというのは、非常にそうだよねぇと納得出来る感じですね(自分で仮説を立てて推理したりはしていませんが)

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

おまけ

カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる