fc2ブログ

昨日のルヴァンカップ ギラヴァンツ北九州vsFC町田ゼルビア

ギラヴァンツ北九州1-2FC町田ゼルビア

今年からルヴァンカップはJ1~J3までひっくるめたトーナメント戦となり、J1が関係するカップ戦という他人事認識だったのが、上がったタイミングで形式が変り初出場だけれども初出場だらけの大会になってしまったという。

平日の夜に北九州まで出かけていくのは大変ということでおとなしく家での観戦となりますがリーグ戦とは違いスカパーやらなにやらと契約しないと見る事ができないという中、Leminoならば無料放送があるという事でこれを選択、ただし録画放送なのでリアルタイムの情報は遮断。

GK谷DF望月、昌子、池田、奥山政MF宇野、下田、バスケス・バイロン、髙橋、荒木FWミッチェル・デューク

日曜の試合に先発出場したのはバスケス・バイロンだけ、ここに谷が出てくるのは出場停止が絡んだとはいえ巡り合わせだなと思ったりしますが、他は今シーズン先発出場しているのは昌子、下田だけ。

後は途中出場やベンチ入りだけで終ったまでと、怪我明けの宇野など出番が皆無では無いメンバーであり、なおかつ去年の主力なども普通にいるので、あまり控え組感はなし。

逆にルヴァンカップはリーグ戦よりもベンチ入りの数が増えるので出番に恵まれていない若手が多目で、何とか楽な試合にして経験を積ませてあげたいと思わずにはいられない。

J1とJ3の対戦という事になりますがJ2時代に対戦していますし、北九州に限らず黄色いチームは苦手という変な傾向のある町田としては格下相手という余裕は特に無しですし、北九州にとってもJ1相手にしあいが出来るという喜びは希薄だろうなと。

試合は基本的に主導権を握るというかボールを持つ時間帯が多い展開。

J1に来てからは開き直って守備に力点を置くようなチームと当たってこなかったというのもあり、またロングボールをオセフンに集めるというやり方も不在ではやるわけにもいかず、去年ならばデュークに放って収めてもらうやり方も頻度は低め、試合感覚がレギュラー陣よりもない、連携面ももう少しなのかなという印象は拭えず。

そんな中どうしても目が行くのは大卒ルーキー望月ヘンリー海輝、192cmの右サイドバックという珍しいにも程がある存在で、高いけれども速いし細く見えるけれども当りは強い、ロングスローも放れて今日は1人で右サイド左サイドと移動して放るという、初めて長時間プレイを見る事ができて夢がある存在だと。

シュートまでいけるけれどもことごとく枠外という事で得点に繋がらずスコアレスで折り返し。

後半立ち上がり4分左サイド荒木のクロスをデュークが頭でそらしてバイロンが走り込んで詰めて先制。

素晴らしい立ち上がりかと思いきや、デュークが足を痛めて引きずるようにしか歩けず沼田と交代。

アクシデントによる交代後の連携確認が上手くいかなかったのも関係するのか9分にあっさり同点にされてしまい、出番に恵まれない若手達の起用が遠のく事に。

なかなか得点が動かない中33分に宇野から安井に交代すると直後の35分に安井が利き足ではない左足でゴール隅にミドルシュートを決めて勝ち越し。

43分にバイロンから福岡県での試合に実績のあるベテラン中島を投入し無事に逃げ切り。

黄色いチームを克復する事が出来無事に勝ち残り。

残念だったのは拮抗した試合になってしまい交代枠を2枚残すことになり出番に恵まれない若手を試すまではいかなかったということ。

勝ち残りは素直に嬉しいですし、結果として野津田でまたもや鹿島を迎える事になるというのは、それはそれで熱いですからね、出番に恵まれない若手を使えるようなチームではないというのは悩み所ですが。

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

おまけ

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる