fc2ブログ

今日の読書 足利将軍たちの戦国乱世/山田康弘

『応仁の乱後、七代の奮闘』という副題がついているように室町時代終盤の足利将軍九代義尚から十五代義昭までについてまとめたものになります。

戦国時代に入ってからのイメージもありこの頃の足利家は衰退するよねそれはっていうイメージが強くなってしまっていますし、政治に興味なかったであるとか、傀儡だったというような評価になってしまっている将軍ばかりのような感じになっていますが、そもそも何故衰退していったのか将軍個々人の資質というだけではなく幕府の構造上の問題と、それだけ散々な評価をされる事が多いのに百年続いた幕府であった要因は何なのかということを検証する一冊となっています。

室町幕府の構造を説明するために成立時の頃、初代尊氏から3代義光あたりのものをざっと拾ってから、それぞれの将軍の置かれた立場やら在籍時に何をしたのか、後継者選びであるとかを検証する流れ。

どうしても後継者争いとなると、籤引き将軍という現在の価値観だとふざけているように思えてしまうようなものがあったりしますが、早世してしまうとか嫡子がいないとか家を存続させるだけでも大変だし面倒だよねっていうのは避けられないですね。

どうしても衰退していく所をピックアップしているので景気の悪い話が多くなってしまうのですが、そうした中で意外としぶといよねっていうのとか、定説と比べて頑張っているよねっていうのは最近の研究の成果なのかなと思ったりはしますね。

序 章 戦国時代以前の将軍たち
第一章 明応の政変までの道のり 九代将軍義尚と十代将軍義稙
第二章 「二人の将軍」の争い 義稙と十一代将軍義澄
第三章 勝てずとも負けない将軍 十二代将軍義晴
第四章 大樹ご生害す 十三代将軍義輝
第五章 信長を封じこめよ 十五代将軍義昭
終 章 なぜすぐに滅びなかったのか

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

おまけ

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる