FC2ブログ

今日の読書 Arknoah1 僕のつくった怪物/乙一

いじめられっこの兄弟のアークとグレイ、2人が亡き父の部屋で見つけたArcnoahという本。

この謎の本を調べると、いつの間にかアークノアという異世界に迷い込んでしまい、その異世界では、自分達が作り出した怪物が現れて、その怪物を倒さない限り元の世界には戻れないと言う事で、アークノアで出会った人々と共に怪物退治をする事になる、というファンタジー小説になります。

基本的に私はファンタジー小説は得意ではないのですが、たまに作家読みで読む事もあり、まだ多少苦手意識はあるものの、徹頭徹尾ファンタジーの世界といものではなく、いわゆる一般的な現実社会に生活していたのが、ファンタジーの世界に迷い込んでしまってというたぐいの物ならば、受け入れられるようになったかなと思えたり。

これは、現実世界から迷い込んだ主人公に世界感を説明するのが当たり前という物になりますし、理解しやすいようにできているからだなぁと再確認。

アークノアの世界感も独特なもので、こういう世界感なのは本の中だからなんだろうなぁと理解しやすかったりしますし、紛れ込んだものが異邦人という異物扱いされる理由にもなっていますし、迷い込んだだけではなく、怪物も作り出してしまうという設定が面白いですね。

一応の区切りとなる決着はつきますが、続き物として続くようなので、一応の結末の予想というかセオリーでは元の世界に戻るという事なんでしょうが、それを踏まえてどう持って行くのかは楽しみに次を待てる作品ですね。

ただ、乙一って遅筆というか、平気で空白期間を空ける作家ですからねぇ、どれくらいのペースで続きが出るものかと。

まぁ私が空白だと思っていた間に、別名義で活動もしていたらしいですが。
Arknoah 1 僕のつくった怪物Arknoah 1 僕のつくった怪物
(2013/07/05)
乙一

商品詳細を見る

コメントの投稿

非公開コメント

おまけ

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる