今日の読書 必然という名の偶然/西澤保彦

腕貫探偵シリーズで舞台となっている櫃洗市を舞台にして、腕貫探偵は全く関係ない緩いくくりの短編集になります。

狭い範囲で頻繁におきる殺人事件、緩いくくりで殺人事件が頻発するという事で、初期というかデビュー作の「解体諸因」を思いだしたりしましたね。

あっちは、時系列がバラバラで起きる事件もバラバラ殺人だらけというものでしたが。

動機や事件の全貌にトリッキーな事を仕込んではあるのですが、いい意味で一周回ってテーストが初期作品っぽくなったなぁと思いましたね。

気軽に読めるミステリーなんだけども、ところどころに仕掛けてあるものは気軽というものではない。

それでも、心底嫌な気分にまではならないという感じで。

というか、西澤保彦作品の嫌な気分になるダークサイド系が本気で嫌な気分になりすぎるから警戒してしまうというだけなんでしょうけど。
必然という名の偶然必然という名の偶然
(2011/05/19)
西澤 保彦

商品詳細を見る

コメントの投稿

非公開コメント

おまけ

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログラム