FC2ブログ

今日のBS クリッパーズvsヒート

クリッパーズ97-102ヒート

前半は、アウェイのクリッパーズが主導権を握って試合を進めていたわけですが、その割には流れに乗りきれないというか、点差が開かないというもどかしい形。

ヒートは、今一つ波に乗れない中で、ベンチプレイヤーのレイ・アレン、シェーン・バティエ、クリス・アンダーセンのベテラントリオがクリッパーズに流れが行かないように上手く機能していましたね。

前半は、レイ・アレンのアウトサイドシュートを意識させた上で、中に切り込んでいくシュートが、後半はシェーン・バティエのテイクチャージがクリッパーズの勢いを確実にとめていて、ベテランの上手さとはこういう事だと。

ヒートは、後半になってから、クリス・ポール封じ込め作戦で、ダブルチームを仕掛けて、ガンガン強くあたるディフェンスが成功して、主導権を握り、そのまま逃げ切ったという形になりましたが、クリッパーズ側はクリス・ポールを封じこまれた時に他の選手も一緒になって封じ込まれてしまったのがなあぁと。

流れもへったくれも関係ない、ジャマール・クロフォードがそれこそ、打開策になってくれたらば良かったんでしょうが、この試合のクロフォードは悪くは無いんですが、チームの起爆剤にまでは至らなかったなぁと。

インサイドの高さも前半こそ有効に使えていましたが、後半はそれほど強みにまではなりませんでしたし、ヒートに持って行かれたなぁと。

ヒートがウェイドがスコアリーダーで勝つという形は、久しぶりに観たような気がしますかね、ウェイドの動きも全盛期とまではいかないですが、ゴールにアタックしていくのは昨シーズンのプレイオフ以降怪我の影響もあって、あまり見られなくなっていましたが、回復してきたという事なんでしょうし。

クリッパーズは、マット・バーンズが怪我で出場できなかったのも、こういう試合では痛かったんじゃないかと、思わずにはいられないですかね。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

おまけ

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる