FC2ブログ

今日の読書 ちょちょら/畠中恵

存続が危ういくらいの貧乏な多々良木藩の江戸留守居役に急遽決まってしまった、平々凡々の才能しか持ち合わせない主人公が、藩の存亡を賭けて奮闘する、江戸の諜報戦とでもいうお話ですね。

実際の戦が無くなった世ではあるが、政治的駆け引きという接待という名の戦が行われていると。

情報の重要性や情報利用の重要性、それぞれの駆け引きといったものを、陰湿なやりとりまでも含めて、そういう感じには見せずに読ませられます。

畠中恵の江戸物は扱っている物が重たいものであっても、重くなりすぎず読んでいて気分の悪くならないように書かれているものですが、本書にもそれが当てはまりますね。

現代もので政治家を扱った『アコギなのかリッパなのか』という清濁併せのんだやりとりを読ませるものがありましたが、政治的な駆け引きをそれぞれが単なる利己的な思惑だけで動くものではないとして扱うのは、筆者は得意なようですね。

平々凡々な主人公が、亡き優秀な兄の代わりに奮闘する成長物としても読めますし、これはシリーズ化するというのでしょうか?

帯に畠中《新世界》開幕なんて書いてあるので気になりました。

シリーズものとして続けられそうな終わり方でもありますし、シリーズ化しないでも全く問題の無い形にもなっていますからね。
ちょちょらちょちょら
(2011/03/22)
畠中 恵

商品詳細を見る

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ちょちょら」畠中恵

兄上、なぜ死んでしまったのですか?千穂殿、いま何処に?胸に思いを秘め、困窮する多々良木藩の留守居役を拝命した新之介。だが―、金子に伝手に口八丁、新参者には、すべてが足り...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

トラックバックさせていただきました。

Re: No title

こちらも、トラックバックさせていただきました。

おまけ

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる