FC2ブログ

昨日の牙狼 第3話

「温室」

花と死体をモチーフにした芸術家の常盤エリナ、生と死というモチーフにしてきたからなのか、完全に狂気の芸術家となり、死に関しては作り物では満足できなくなり、自分の助手の男を殺して作品にしてしまう。

その狂気に導かれるようにホラー・サキュバスがやってきてエリナの体を支配してしまいます。

ホラーに憑依されたエリナは自分のファンの女と2人きりになると今度はホラーの力を使って命を奪い作品にしてしまいます。

雷牙が番犬所に行っている間、マユリは行く当てなく歩いていると、エリナと遭遇します。

エリナはマユリの生も死も感じさせない不思議な感覚に興味を持ち連れ去ります。

雷牙は番犬所でホラー出現を告げられ、マユリが接触していると告げられます。

雷牙はマユリ奪還を真っ先に思いついたようですが、ジイルには魔道具であるマユリ奪還よりも、ホラー殲滅が重要であると釘を刺され、雷牙はその言いように不快感をにじませます。

雷牙はエリナに接触し、マユリを奪還しようとして戦い始めます。

そして、マユリが鎖でつながれている所を見せられ、エリナにマユリは生も死も感じさせない、人間ではないと言われると、雷牙はそれに激しく反応、マユリは人間だと鎧を召喚しサキュバスの姿になったエリナと戦い、マユリを鎖から解き放った後に、ホラー退治も遂行。

エリナは自分の死によって芸術品となる喜びを見せたものの、いざ自分が死にそうになると激しく拒絶。

しかしながら、それは避けられる事も無く散っていったと。

最初の2話で基本的に今回の牙狼の世界感であるとか、これから先目指しているものを示したという事で、今回はエイリスの種もなにも絡まない通常回という所になりますね。

ホラーに憑依されるまえから、ガッツリと狂気に支配されているというのも、じっくりと描かれていますし、話の筋そのものはシンプルになっていて、だからこその牙狼の原点回帰な感じも強まり良かったですね。

私が個人的に詰め込み過ぎな話よりは、シンプルな所はシンプルでいいという価値観だから余計に評価を高めるんでしょうが。

雷牙がマユリは人間であるという事にこだわったり、それを否定するような発言をする人に対して嫌悪感を隠そうともしないというのも、普段のおだやかな雷牙との対比もあって面白くなっています。

それにしても、佐伯日菜子って気がふれているような役をやるとぴったり過ぎるなぁって改めて思いましたね。
関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

牙狼〈GARO〉-魔戒ノ花- 第3話 温室 感想

「牙狼〈GARO〉-魔戒ノ花-」2014年4月 放送スタート 私だ テレ東3話です あらすじ 死をモチーフとする芸術家の常盤エリナ(佐伯日菜子)は、本当の死を求めて男を殺害、 ホラー・サキュバスに憑依されてしまう。 多様な死を探すエリナはマユリに興味を持ち、自身の温室へ...

『牙狼<GARO>―魔戒ノ花―』第3話★ホラー佐伯日菜子

『牙狼<GARO>―魔戒ノ花―』第3話「温室」 死をモチーフとする芸術家の常盤エリナ(佐伯日菜子)は、本当の死を求めて男を殺害、ホラー・サキュバスに憑依されてしまう。多様な死を探すエリナはマユリ(石橋菜津美)に興味を持ち、自身の温室へと誘う。マユリとホラーが接触したと知る雷牙(中山麻聖)だったが、マユリ奪還よりもホラー殲滅が重要であるとジイルに告げられてしまい…。 で、生きた魔道...

牙狼<GARO>−魔戒ノ花− 第3話 「温室」

き、貴重な光人ショウがぁぁぁ〜〜〜 でも、なんか期待したエロさが足りなかったぞ!!w ショウなら、もっとエロく死んでくれ!!ww 今回のホラー・サキュバス あれ、全 ...

コメントの投稿

非公開コメント

おまけ

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる