fc2ブログ

昨日の牙狼 第11話

「漫画」

過去に売れていたものの、現在は売れていない漫画家のカワバタセイジ。

アシスタントのタナカが連載が決まったから辞めるというのを聞き、去り際に才能が枯れたという扱いを受けた事で殺意が芽生えますが、その殺意にホラー・カリカジュアンが呼び寄せられて憑依される事に。

カリカジュアンは人を漫画の絵にして喰らう事で才能を奪う事ができる。

雷牙とマユリがたまたま本屋で手にした少年雑誌に連載されていたカワバタの作品のマカイキング。

そこに描かれているのは旧魔界文字と言う事で、雷牙達はホラーであると気がつきます。

カワバタはアンケートで2位になるほどの人気になりましたが、1位以外は納得がいかないと、1位の漫画家である、この人の描く作品のタイトルとしては、ぴったりすぎるだろうという『ぺろぺろキャンディーズ』の作者であるおざき正行も喰らってしまいます。

カワバタのもう1人のアシスタントのスズキが自分のネームを見てもらおうと持ってくると同時に、カワバタが少年時代に描いた漫画のニンジャリンを持ってきます。

スズキがこの作品が原点だとすると、漫画はきれい事ではできないと突如キレ出し、スズキのネームを見て才能を感じると、スズキを喰らおうとします。

しかし、そこに雷牙とマユリがやってきてスズキは難を逃れます。

雷牙のホラー退治が始まりますが、漫画を取り入れた攻撃にてこずります。

黄金騎士の最後という描かれた通りにホラーの攻撃が決まる漫画に追いつめられますが、なんとか原稿を汚して逆転に成功。

マユリはニンジャリンを嫌いでは無いという事で、借り物でつぎはぎになった才能よりも、大事なのは作品に込められた思い。

マユリが徐々に感情が芽生えているなぁというのと、エンディングで急に苦しみだしたのは何なのか気になったり、何を口にしたら苦しみが消えたようだったのかも気になります。
関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

牙狼<GARO>−魔戒ノ花− 第11話 「漫画」

今回の話は、 なんか牙狼っぽくなかった というのが第一印象。 でも、それが悪いというわけではなくて、牙狼ってどんな種類の作品の要素を入れてきても牙狼になるんだなと、そ ...

牙狼〈GARO〉-魔戒ノ花- 第11話 漫画 感想

「牙狼〈GARO〉-魔戒ノ花-」2014年4月 放送スタート 私だ テレ東11話です あらすじ 過去の栄光に縋る売れない漫画家のカワバタセイジ(石井正則)は、 ホラー・カリカジュアンに憑依されてしまい、 人気漫画家を喰らうことでアイデアや画風を取得していく。 ある日、漫画...

コメントの投稿

非公開コメント

おまけ

カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる