fc2ブログ

昨日のBS キャバリアーズvsホークス

キャブス94-82ホークス

NBAプレイオフ・カンファレンス・ファイナル東の2戦目。

初戦キャブスがレブロン・ジェームズとJRスミスの爆発力で勢いに乗りホークスを破ったわけですが、ホークスはキャブスと違い明らかに爆発力があるというタイプの選手がいないのをどうチームとして対抗するか。

特に初戦で負傷したダマー・キャロルがどこまで回復して出場しているのかが鍵。

カイル・コーバーがチーム最初の得点を3Pで決めてホークスは幸先が良いスタートにしたい所でしたが、シュートがゴールに嫌われて勢いにはなかなか乗れず。

キャブスはカイリー・アービングが欠場しているのもあってレブロンが最初から全開で、レブロンの得点プラスにロシアの巨人ティモフィ・モズコフを中心にやって行きますが、あまりにも戦術レブロンなのでホークスも守備では対応して流れは掴ませずも、ホークスはシュートがなかなか思うようにいかず26-21で1Q終了。

我慢比べの重たい展開が続く中、終盤になりイマン・シャンパート、ジェームズ・ジョーンズの3Pが決まるようになったキャブスに対して、ホークスは外が入らない分ゴール下に持ち込んでの攻撃が決まるようになりなんとか食らいつき54-49で前半終了。

追いかけるホークスは早いうちに追いつきたいものの、3Pが決まるキャブスと決まらないホークスという事になり流れは完全にキャブス。

ホークスは流れが悪い時に個人で打開できるタイプの選手がいない弱みが露呈84-66で3Q終了。

結局、キャブスが大量得点差による余裕モードに対し、ホークスは全く打開策が見いだせずに試合終了。

絶対的なエース不在の全員バスケの特にプレイオフという中での弱点がはっきりした試合過ぎましたねぇ。

レブロンは30点9リバウンド11アシストとトリプルダブル直前と何でもやりましたが、それ以上に問題はホークスのスコアリーダーがベンチのシュローダーの13点という事ですよねぇ。
関連記事

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

おまけ

カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる