fc2ブログ

昨日のNBAマガジン

14-15シーズン最後のNBAマガジンは当然ファイナル特集。

第1戦はレブロン・ジェームズとカイリー・アービングの活躍でキャブスがリード、ウォーリアーズがステファン・カリー、クレイ・トンプソンの活躍で追い掛けてオーバータイム。

カリーの活躍でオーバータイム主導権を握るウォーリアーズとシュートが入らないキャブス、追い打ちをかけるようにアービングが負傷という流れでウォーリアーズが勝利という紹介。

第2戦はマシュー・デラベドバがカリーを封じ込め、レブロンが鬼気迫る活躍でオーバータイムに、デラベドバがオーバータイムでカリーをストップとデラベドバがキャブスを救ったと紹介。

第3戦はレブロンが完全に試合をコントロール3Qまでに26点7アシストと大暴れ、4Qにカリーが猛反撃を見せるも、レブロンがキングな活躍でキャブスが勝利と紹介。

第4戦はウォーリアーズがアンドレ・イグドラをスターターに起用してスモールラインナップに変更、キャブスが立ち上がり流れを掴んだのに対抗し、タイムアウトでスティーブ・カーが気合を入れ直し流れを掴む物の、キャブスは高さで対抗。

しかし、交代選手の少ないキャブスは疲労が蓄積し、それを狙ってイグドラがレブロンを抑えてウォーリアーズが勝利と紹介。

Re:FOCUSは勝負の分かれ目第4戦として、スモールラインナップについて。

スモールラインナップ効果1 攻撃回数が増え得点も増える
スモールラインナップ効果2 互いに速い展開になる
スモールラインナップ効果3 レブロンの体力を奪う

来日中のデイミアン・リラードにインタビュー

第5戦はキャブスも試合中にティフィ・モズコフを下げてスモールラインナップで対抗するも、慣れない事をして自滅、ウォーリアーズにやりやすくしてしまったと紹介。

第6戦はイグドラの攻守に渡る活躍を中心にして残り10秒で勝利を確信したカリーと勝者をたたえたレブロンという明暗を見せての、ウォーリアーズの優勝と、イグドラのMVPを紹介。

水野フェイバレットフレッシュマンはドレイモンド・グリーン、全てをこなすオールラウンダー、スタッツには現れない縁の下の力持ちとして紹介。
関連記事

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

おまけ

カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる