FC2ブログ

今日の読書 井沢元彦の激闘の日本史 北条執権と元寇の危機/井沢元彦

戦争の侵略の罪は何百年たとうと消えるものではなく謝罪し続けるべきだと発言する国会議員がいたというので、1274年と1281年に日本が侵略戦争を仕掛けられた元寇についてのものを読みたくなり手を出しました。

井沢元彦はライフワークとしている逆説の日本史シリーズで、日本の歴史学者の欠点として宗教的視点の欠如、通史としての視点の欠如、世界史と日本史との比較で歴史の普遍性と独自性を指摘するという視点の欠如などなどあげつらって批判し、通説だけでは説明しきれないものを補完するという事をやっているわけですが、激闘の日本史シリーズは、テーマを絞って逆説シリーズで扱ったものの焼き直しというものと、時事ネタとも絡めて改めてまとめるというものになっています。

元寇というものを説明する前に、中国史をおさらいし、元以前の中国統一国家は基本農耕文化であり、遊牧民族との戦いの歴史であったのが、史上初めて遊牧民族に支配される形になったのが元であり、遊牧民族の特質は定住型の農耕民族とは違い移動し外側に侵略する傾向が組み込まれているという事。

そして、元に無条件降伏をする結果になった宋の悲惨な運命と、無条件降伏による侵略を許した国家は、平和国家になるのではなく、侵略の手先、最前線に送り込まれるという運命が不可避であり、それが元に侵略を許した高麗が日本を攻撃するように進言することにもつながるという歴史の流れを、いかに平和を守るための自衛手段が重要であるかというものから導入されます。

そして、元寇時代の日本の鎌倉幕府の北条執権体勢を説明するために、平安時代からやりなおし、日本の天皇制という神の血筋しか天皇になれないという日本の独自文化と、その独自文化の中でのし上がるために国家の寄生虫と化した藤原家の説明。

井沢元彦の十八番でもある、言霊と穢れ思想という不吉な予測を立ててはいけないシステムと、血を流す穢れ仕事である軍事に対する嫌悪感というものに対する説明から、武家政治にいく鎌倉幕府の説明と、源氏三代が潰えた後の北条家の立ち位置を、平安時代の藤原家との比較で説明。

そして、元寇について、通説による神風が吹いて元寇を打倒したというものの嘘についても、言霊と穢れ思想を軸に説明し、武士がきちんと対応したから侵略を許さずに済んだというものと、元寇を防いだ北条時宗が当時全く正当な評価を受けないで終わってしまっている事の異様さというか、日本独自すぎる価値観に焦点をあて、現代の日本人の極端な軍事嫌い、無条件降伏すればそれで平和になるという自殺願望まるだしの論理が批判されずに垂れ流されている現状の批判などでまとめあげています。

まぁ基本的に何冊も書いている人ですし、ネタも被りますし私もそれを読んでいるので、主張に目新しさは感じませんが、服部英雄氏の著書『蒙古来襲』というのを直近に読んで大いに影響を受けたという事が新たな変化という事になりますかね。

ただ、学者批判をするのは良いですが、それを指摘しているのが自分くらいしかいないという例を出し過ぎているというか、ちょっと自己顕示欲が強すぎるぞと感じてしまうのが多少読み手を選ぶというか、もう少し流せないかなと思ったりはしますね(苦笑)

第1章 モンゴル帝国の驚異 遊牧民族による拡大戦略
     なぜ万里の長城が必要なのか
     なぜ朱子学が生まれたのか
     なぜ元は日本侵略を企てたのか

第2章 執権政治の真相 鎌倉武士団が支持した組合
     なぜ摂関政治は日本史上最低最悪なのか
     なぜ「承久の乱」は失敗に終わったのか
     なぜ源氏は三代で絶えたのか

第3章 元寇をめぐる虚実 日本に「神風」は吹いたのか
     なぜ英雄・北条時宗が評価されないのか
     なぜ神風信仰が常識となったのか
     なぜ日本が元軍に勝てたのか

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

おまけ

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる