昨日の牙狼-紅蓮ノ月- 第1話

「仏師」

アニメ版牙狼の2作目になる紅蓮ノ月が始まりました。

平安時代、夜になると物の怪に襲われて人が殺されているという事は、藤原道長も把握している状況ながらも皇宮に被害が無ければいいというような扱い。

夜にで歩かなければならない下々の人々がどうなろうとも本気で動き出す必要もなしという事のようですね。

魔戒法師の星明は琵琶の腕前というよりも美貌で上手い事貴族に取り入り、菓子をもらったりと楽しくやっているよう。

帰り道で毎夜歩きだすと噂の仁王像の所を通ると、仁王像を鎮める菩薩を掘った仏師の純慶がやってきますが仁王像は溶けてしまいます。

星明は菩薩像に命が入っていないと見抜きますが、純慶は納得がいかず。

動く仁王像の噂を耳にしている雷吼は内職の扇子作りが一段落すると、従者の金時の目を盗んで調べに行こうとしますが、金時に見つかり魔導鈴の事を指摘され一緒に行く事に。

仁王を鎮めるには命の入った菩薩を作らなければという囚われた純慶は女をさらって来て命を奪い菩薩を掘りますが思うように命が宿らず苦悩。

そこに仁王像という火羅がやってきて、魅入られて純慶は火羅化。

仁王の火羅となり美しい女性をさらって命を奪って菩薩に命を入れようとします。

雷吼と金時は怪しい仏師の作業場を見つけ、被害にあった女性達を発見。

雷吼と金時に話を聞いた星明は、仏師の純慶が火羅化したと当たりをつけて、美しい女が必要だと自分が囮になって手伝う事に。

囮に引っかかった純慶を結界に閉じ込め雷吼が火羅と戦う事に。

しかし、鎧無しでは苦戦する事になりますが、星明が雷吼に力を与えると鎧を召喚して黄金騎士となり火羅を撃破。

しかし、仁王像の中から光を憎悪する蘆屋道満が現れて・・・

平安時代を舞台にしているものの、ホラーに魅入られて乗っ取られてというのは牙狼の基本パターンなので分かりやすいですし、魔戒法師というのは平安時代の設定にははまっている感じ。

ザルバがどうも本調子でないのか何なのか気になりますが、鎧を召喚出来ないわけでは無いようですね。

蘆屋道満は何か狙いがあって火羅を操っているのかどうなのか、何がしか仕掛けているようですが、現段階では分からないですし、藤原道長がどういう風に全体に絡んでくるのかも今後重要になるんでしょうね。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

牙狼-紅蓮ノ月- 第1話「陰陽」 感想

「牙狼-紅蓮ノ月-」GAROアニメシリーズ第2弾! 私だ テレ東1話です あらすじ 時は平安、火羅(ホラー)と呼ばれる物の怪がはびこり、 人々は恐怖に怯えていた。 そんな中、火羅と戦う者がいた。 黄金の鎧を持つ若き魔戒騎士、雷吼と謎多き魔戒法師、星明。 アバンは壊れて...

コメントの投稿

非公開コメント

おまけ

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログラム