今日の読書 空色の小鳥/大崎梢

大企業の総帥の父親を持ちながら、その父親から逃げるように家を飛び出した長男。

その長男は家を飛び出した後、家庭を築いていながらもそれを親に伝える前に事故で亡くなってしまった。

残された妻子の元に、亡くなった長男の弟が現れ、余命いくばくもない妻の面倒を見て娘を引き取る事にする。

兄の残した際しの事を心配し、奇特な善人かのように近づいてきた弟でしたが、実は亡き兄の忘れ形見の娘を引き取る裏にはしっかりとした狙いがあったというお話。

野望を元に子育てをする事になったが、それを進めていく中で野望と同時に家族としての気持も出来てきてという、基本ラインは疑似家族ヒューマンストーリーという決して目新しいとは言えないものではあります。

ただ、その疑似家族ものを使った上でのものはありきたりかというとそうではなく、大崎梢の作品としては結構目新しいかなと思えるものになっています。

ヒューマンストーリーとしても楽しめますし、ミステリーとしてもガンガン転換していくものにもなっていますし、落とし所もある意味心地よい王道感もありバランスよく、良い意味で読む人を選ばずに楽しめる作品だと思います。

とりあえず、金持ちは金持ちで大変そうだよねという気持ちにはなりました。

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「空色の小鳥」大崎梢

「おまえはちがうから。この家から出ていくことを考えろ」 三年前に急逝した兄・雄一と最後に交わした言葉。 兄は微笑を浮かべていた。 大企業のオーナーである西尾木家に後妻の連れ子として入ったものの、 疎外感の中で暮らしてきた弟の敏也は、いまだにその真意が分からずにいた。 ある日、偶然兄に内縁関係の妻子がいることを知った敏也は、 妻・千秋が末期癌であることを突き止める。 千秋の死後、...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

転換が早くて楽しく読みました。
予想以上に面白かったです。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。

Re: No title

なかなか思いも寄らない展開の仕方をするお話でしたよね。
良い意味で、この作者らしからぬ作品だと思いました。
トラックバックさせていただきます。

おまけ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログラム