FC2ブログ

昨日のBS スパーズvsウォーリアーズ

スパーズ90-120 ウォーリアーズ

現段階でNBAチャンピオンチームを予想するとなると、おそらくこの2チームに人気が集まる、少なくともウエスタンカンファレンスの勝ち抜けチームをこの2チーム以外から予想するのはギャンブル扱いになるだろう組み合わせであるスパーズとウォーリアーズの試合。

スパーズはティム・ダンカンが怪我で欠場ではあるものの、基本選手層の厚さで勝負しているので、それほど大きな影響は無いかと思いましたが、出足からステファン・カリーが好調で勢いがつくウォーリアーズに対し、スパーズはターンオーバー連発とらしくない形へ。

スパーズはベンチメンバーで修正をはかるものの、カリーが1Qだけで15点とるという活躍もあり29-23でウォーリアーズが実際の得点差以上の流れをつかみ2Qへ。

2Qに入るとベンチスタートのショーン・リビングストンがPGのマッチアップでトニー・パーカーに高さで勝って流れを掴み出足し一気に持って行ったのに対し、スパーズはターンオーバー連発でどうしたんだという事になり47-62と前半終了で大差がつくことに。

3Qに入ってもカリーが爆発するのに対し、何も流れを変えることができないスパーズという事になり66-95と一方的な形で終わらすと、最終Qは出番の少ない選手の実戦感を養う場になり試合終了。

スパーズは一体どうしたんだという試合でしたね。

個人的にはセルビアの2m21cmの大巨人ボバン・マリヤノヴィッチがプレイタイム長めになっていたのが今日のスパーズの数少ない見せ場に思えましたね。

ウォーリアーズはカリーが37点と大爆発しただけではなく、チーム全体としてやりたい放題だったなと、ドレイモンド・グリーンが試合を見るたびにチームでの重要度が上がっているなぁという印象は強まりましたね。

コメントの投稿

非公開コメント

おまけ

カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる