fc2ブログ

今日のマジック トレード期限直前トレード

NBAのトレード期限を現地18日に控え昨シーズンはトレードをシーズン中に1つも行わなかったマジックがトレードを慣行しました。

マジックはピストンズからブランドン・ジェニングスとアーサン・イリャソバを獲得。

ピストンズはマジックからトバイアス・ハリスを獲得。

何かトレードがあるとして、ハリスは一番動かしやすい選手ではあるかなとは思ってはいましたが、今オフに4年契約をしたばかりでしたので驚きと言えば驚きですね。

ある意味オフの間にどこかに持って行かれるかもと思っていたので。

マジックの狙いとしては若手だらけで能力はあるけれども経験不足で勝ちきれない所の解消、これから若手達が伸びそうだから若手だらけにしたままだと予算枠で選手を残す算段をつけるのが大変になりそう、そんな中ハリスが今シーズン役割の関係もあるのでしょうが、今ひとつ伸び悩み感もあり有効利用しきれていない、ここ数試合怪我で欠場している間ハリス抜きで結構戦える形になっていたし、アーロン・ゴードンやマリオ・ヘゾニアといった若手のプレイタイムを伸ばした方がよさそう、逆にハリスは強いチームのロールプレイヤーとしての需要は高そうというのでトレードということのようですね。

マジックはこれでハリスと同じく兼用フォワードのイリャソバを獲得してハリスよりもプレイタイムを短めにできて、なおかつベテランということで若い選手の多いマジックには願ったり叶ったりの選手、あとマジックにはトルコ人プレイヤーはヒド・ターコルーという成功例もあり縁起が良いというのは考慮されているかどうかは分かりませんが、個人的にはポイントですかね。

そして、トレード期限までに絶対にトレードに出されると噂されていたジェニングス。

ピストンズではレジー・ジャクソンがスターターPGとして完全に居座られていますし、完全にどん被りとまでは行かなくても、共にある程度ボールを持ちたがる自分が攻撃の中心にならないとすまないタイプのPGですから共存は不可能ということでしたが、マジックが獲得するとはあまり考えていませんでした。

エルフリッド・ペイトンとは全くタイプが別ですし、マジックはロブ・ヘニガンGM体制になってから個の力に頼らない全員バスケット型のチームを作るという編成をしすぎたせいで、ポジションエースタイプを避けて今ひとつクラッチタイムに勝ちきれないというところがあるので、強気なジェニングスははまれば面白い存在にはなるでしょうね。

怪我明けで無理ができないという中で、どういう使い方をするのか分かりませんが、上手くいかなくても今シーズンまでの契約だからお試しで良いかというのもあるんでしょう、さすがに本職PGがペイトンとシャーバズ・ネイピアーの2年目コンビでは今シーズン勝ちに行くとなると心許なくは思っていましたからね。

CJワトソンが怪我で離脱していなければ、また違ったのかもしれないですが。

そして、イリャソバとジェニングスは共にバックス時代にスコット・スカイルズHCと一緒にやっているだけにチーム戦術に馴染むのは難しくないだろうというのは、トレードする点でポイントだったのかなとは思いますね。

スカイルズがバックスのHCを解雇された時、チームがバラバラで選手から不満があったというような話があった気がするのは気がかりではありますが(苦笑)

とりあえず、ブランドン・ジェニングスは背番号55にして白チョコジェイソン・ウィリアムズにあやかるぜ!とやる気を見せているみたいですし、ジェニングスとイリャソバと共に結構好きなプレイヤーですので上手くいくことを期待。

ピストンズに移るハリスも、今のマジックよりも今のピストンズの方がそれぞれの役割分担がはっきりしている感じがするので、使い勝手の良いオールラウンドさが発揮されるんじゃないかなと、きっとコストパフォーマンスの良いラシャード・ルイスという感じになると思います。


今日はトレードがもうひとつまとまっていて
ホーネッツがグリズリーズからコートニー・リーを獲得。

グリズリーズがホーネッツからPJへアストン、ヒートからクリス・アンダーセン、ドラフト2巡目指名権2つを獲得

ヒートはホーネッツからブライアン・ロバーツを獲得。

ホーネッツは今季絶望といわれながら復帰して、またもや絶望したとなってしまったマイケル・キッド・ギルクリストの穴埋めにコートニー・リーとう事ですね、ホーネッツもプレイオフ進出争いですから、ある程度勝ちを知っている中堅を欲したと。

グリズリーズはリーの代わりにヘアストンを入れてチームの微妙な若返りを目指したのと、マーク・ガソルが怪我で離脱している穴埋めにクリス・アンダーセンということですね、今シーズンクリス・アンダーセンはろくすっぽプレイしていないので、まだできるのかどうか分からないんですが。

ヒートは今回のトレードで終わりという感じはしないというか、それこそ昨年どこから出てきたとリーグにちょっとした驚きをもたらしたハッサン・ホワイトサイドが今シーズンも脅威のブロックマンとして活躍しているけれども、案の定素行の悪さも脅威になってきていると言うことで、トレード候補になっているという噂がでずっぱりですので、まだ何か仕掛けてくるんじゃないかと、仕掛けるのが好きなパット・ライリーがヒートにはいますから、今回のトレードだけでチームの狙いは分かりません。
関連記事

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

結構良さそう

これはマジックにしては上手くやったというか、結構上手くいきそうなトレードですね。

ハリスはやはりエースにはなり切れない、ラシャード・ルイスよりコストも低いけどパフォーマンスも低い中途半端な存在になりかけてたので(ということは4年契約が重くのしかかるということでもあるので)、
契約切れ間近のジェニングスとそんなに高くないイリヤソヴァ、しかも両者とも戦力としてそれなりの期待もできる(特にイリヤソヴァは今のフライよりいろんな面で上だと思う)、
更にヘゾニアやゴードンのPTも伸ばせるという一石二鳥でお得なトレードという気がします。

逆に、ピストンズがうまく機能していたイリヤソヴァを捨ててまでハリスを欲しがった理由がいまいち解らないんですが、
まあハリスってキャリアの割に若い(今季終了時点でもまだ23歳)ので、もう一段階の成長に期待するということですかね。

ちなみに、バックス時代スカイルズと一緒にやっていたという意味ではハリスもそうですよね(笑)
まあレギュラーだったジェニングス&イリヤソヴァと、まだペーペーだったハリスでは意味が違うかもしれませんが。

Re: 結構良さそう

珍しくマジックがトレードで成功しそうで嬉しくて仕方がない(笑)
ジェニングスもイリャソバも獲得した狙いが分かりやすくて、良い修正ができたなぁと。

ピストンズがイリャソバを捨ててまでハリスを欲しがった理由は、若いからまだ成長の余地があるというのと、イリャソバって何だかんだとちょくちょく怪我で離脱しがちで、スターターとして長い時間プレイさせ続けるのはちょっと怖いというのがあって、それと比べると今は怪我をしてしまっていても、ハリスは若さと頑丈さでイリャソバを上回るという計算でしょう。
そう考えても、マジックにもピストンズにもシーズン中に修正しておきたいポイントが合致したんじゃないかなと。

おまけ

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる