今日のNBAプレイオフ1回戦

ホーネッツ103-115ヒート

ヒートはドゥエイン・ウェイドが28点8アシストと全盛期のような活躍でチームを引っ張り、ガードの相棒のゴラン・ドラギッチが18点、前の試合大活躍だったルオル・デンが16点6リバウンド、ハッサン・ホワイトサイドが17点13リバウンド2ブロックと活躍し、クリス・ボッシュ欠場を感じさせない試合で2連勝。

ホーネッツと比べて経験の差を見せつけた格好ですね。

ホーネッツはケンバ・ウォーカーが29点、ベンチスタートのアル・ジェファーソンが25点と奮闘したものの、チームで3Pが1/16では厳しいにもほどがありますね。

さらに、追い打ちをかけるようにニコラ・バトゥムが足首を痛めて途中で退いていましたが、怪我の具合次第ではさらに厳しいことになりますねぇ・・・


ピストンズ90-107キャバリアーズ

スタン・ヴァンガンディが審判も味方につけているから有利だよねというような発言でケンカを売られたレブロン・ジェームズが売られた喧嘩は買わねばならぬとばかりに、27点6リバウンドとチームを引っ張り、カイリー・アービング22点、JRスミスが21点と3人が20得点以上を上げて2連勝。

挑発に関してはレブロンはスルーなコメントをしていたようですが、今のレブロンだとこういう揺さぶりが利かなくなってしまいましたねぇ。

ピストンズは3Pが4/17と入らず、20/38のキャブスにそれだけで大幅に負けてしまった形ですが、スタンとしては本当はこの3Pの数字を逆にしたいんだろうなぁと、マジック時代の3P爆撃作戦を思い出してみたり。


ブレイザーズ81-102クリッパーズ

クリッパーズはクリス・ポールが25点6リバウンド5アシストとチームを引っ張り、デアンドレ・ジョーダンが18リバウンド3ブロックとゴール下を制圧して2連勝。

クリッパーズは優勝を狙うならばチームとしてのピークはそろそろやばくなるので、必死ですよね。

逆にブレイザーズはある意味ここで負けても良い経験でしたと来期に繋がったりもしますし、正直プレイオフでの経験値が大幅に劣るので仕方が無いかなって思えますね。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

おまけ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログラム