今日のJ2観戦 FC町田ゼルビアvsギラヴァンツ北九州

FC町田ゼルビア0-1ギラヴァンツ北九州

今日は開始時間帯にちょうど淵野辺経由で行きやすいということで、久しぶりに淵野辺経由で野津田車庫からの山登りコース。

チーム推奨のゆったりコースではなく、一度下ったことのある近道コースを初めて登ることにしましたが、斜度はきついはきついのですが、スタジアムに直行している感じとある意味登りっぱなしで無駄もなくメインスタンド観戦に決めているならばこっちだなと分かりましたね。

メインスタンドに席取りをしてからゼルビーランド屋台タウンに行き、毎回のごとくYASSカレーで豚トロカレーを買ってZ劇場前へ。

今日はJ3時代くらいの混み具合な感じで早めに買えたのですが、Z劇場の椅子は埋まっている感じなので縁石に座って食べながらたすくさんの話を聞くと言うほどの時間ではなく、即座に最初の出し物のタヒチアンダンスの'ORIMANAのタヒチアンダンス。

たすくさんも準レギュラーと言っていたように私も前に見ているなぁと思いながらダンスを見て、その後は新日本プロレスからスイーツ真壁こと真壁刀義選手のトークショー。

たすくさんとのトーク、試合では無く別仕事で足を痛めたという掴みから、実家が橋本というご近所出身ネタ、プロレスラーになるまでの話からスイーツにはまるきっかけというか、昔は特別だったからあまり食べられなかったけれども今は稼いで食べられるようになったと言う話になり、町田産のスイーツの生食レポ。

プロレスラーだからこその食レポというか、美味そうだよなと思わせるのは流石ですね。

そして、年齢と同じ43年ぶりに町田で行われるG1クライマックスシリーズの告知と言う流れでトークショーは終わり。

トレーニングの話なんかになると、それにあわせるように横でちょこちょこスクワットをしたり、腕立てをするゼルビーにお前凄えな!と絡むのが面白かったですね、回りの反応をきちんとチェックしていて几帳面なんでしょうね。

トークショーが終わると子供達との握手会、子供達が怖がるのかと思いきや結構な勢いで集まっていましたね、子供達が間近でどんな反応をしているのかは人垣で確認出来ませんでしたが。

そして、ベンチ外の選手達の登場。

今日は出場停止の谷澤選手が登場ですし、さらにZ劇場の主役とも言える大竹選手がベンチ入りと言うことで、これは谷澤劇場になるんだろうと思っていましたが、まずは星野選手の挨拶を非常に真面目に終えたということで、次はオチ担当だろうと思っていたらば、再び真壁登場で、選手達への激からのせっかくだから何か技をということになり、ここでスリーパーの餌食に谷澤(笑)

こういう時に出場停止でZ劇場にいるというのが、持っていると言うことですね(笑)

Z劇場が一通り終わり、見ている間に新発売の町田魂扇子が売り切れたと言う話だったので、チェックしようと思っていた予定がなくなり、スイーツを食べたい気分にされていたので、スター★ケバブでトルコアイスのチョコを買って歩き食べをしながらメインスタンドへ。

選手達のアップを見終わってから、キックオフセレモニーにも真壁登場。

PKをしっかり決め、ゼルビーもしっかり接待GKをして良い感じにスタジアムを暖めて試合開始。

立ち上がりから町田は主導権を握り攻め、CKやFKなどチャンスも得る物のなかなか得点には繋がらず。

今までに無い攻撃パターンとしては、久しぶりに試合出場し、アウェイの東京ベルディ戦以来となる金聖基とCBを組む、キャラことヨンアピンがドリブルで攻撃を仕掛けていくこと。

私が見始めてからCBがドリブル突破して行く町田というのは見たことが無かったので驚きましたし、キャラのドリブルが上手いからテンション上がりまくりで、これは今日は行けるんじゃないかと勝手に思ったり。

これは行けると思いながらもなかなか得点には繋がらず、逆にちょいちょい危ないシーンがありながらも守護神高原がしっかりと抑え、その流れで前半終了直前に良い位置でFKを得ると崇文のシュートはゴールバーに弾かれたりとゴールに嫌われ前半終了。

後半も立ち上がりから勢いに乗っている感じがするものの、なかなかファウルをとってもらえないなぁと思っていたりすると北九州のクロスの合わせ損ないみたいな変なボールがゴールに吸い込まれて先制点を奪われ唖然呆然。

決めるべき時に決められないとサッカーではこういうことになり得るというのは分かっているのですが、実際にやられてしまうと何だかなと思ってしまいますし、シュートを狙ったというものではないので入れられるとダメージがでかかったり。

そして、失点を取り返そうと怒濤の攻撃が始まり、孝司がペナルティエリアで倒されこれはPK貰ったと思ったらばファウル判定されず。

孝司が担架を出されるレベルに痛んでいるというのもあり、相馬監督ガチギレ。

あんなにキレて回りに抑えられている相馬監督を見る事なんて珍しいというレベル。

こういう判定が火をつけたかたちになるものの、これは決まった!というようなシュートはことごとくゴール枠選手のファインプレーに阻まれ得点出来ず。

選手交代で森村に代えて畠中を入れて、キャラをボランチにあげるという今までにやっていないパターンをやったりしましたが、そのまま得点を奪えず。

あのPKをとってもらえていればとか思わずにはいられなかったですが開幕戦以来の敗戦。

逆に北九州は開幕戦以来の勝利ということになり、そういう相手に勝っておきたいと思うのは仕方が無いことですよね。

負けはしましたが、キャラの使い道の幅を広げることが出来たというのが収穫の1つと、今回負けたということで、勝っているときには選手の使い方を基本変えない相馬監督が別の選手起用なんていうのも考慮してくれるといいかなと思ったり。

特に、セットプレイでの失点を気にしすぎて、選手交代の優先順位が明らかに高さに偏っているのがね。

今日も重松と戸島を交代と高さに力点を置いていたりしますから、選手交代で速さや運動量も重視する選手交代なんていうのも出して欲しいなって思うのは、今日のベンチ入りですと大竹、久木野あたりを試して欲しかったという個人的な願望があるからだったりするからでしょうね、特に大竹は何かやってくれると信じているんですよね。

帰りはゆったりコースから野津田車庫に行こうと思って屋台タウンを通っていくとスワンカフェでパンを1個100円とやっていたので、チョコプディングパンとクリームパンを買ってのやけ食い。

そしてツインライナーがまだ余裕があるというので山登りをやめて、記念にツインライナーに乗って帰ってきました。

ちょうどバスの継ぎ目を目の前にして座る席を確保して、曲がるたびに面白い動きをするのを見ようと思っていたのですが、ガッツリ寝ていたので最初だけしか継ぎ目が曲がるのを見る機会が無かった(苦笑)

J2に上がって今年は勝ち試合はあまりお目にかかれないという覚悟をしていた事を考えると、この試合が始まる前まで暫定首位という位置にいた方がおかしいのですが、首位陥落してしまったのはやっぱり悔しいですね。

それでも2位に踏みとどまり、3位に山口ですからね、誰がこんなことを予想できたのかと。

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

おまけ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログラム