今日の読書 明治・金色キタン/畠中恵

江戸時代が終わり明治の世になって20年、江戸とは様相が一気に変わってしまったものの、江戸とは地続き時続きということで、すっかり過去のもののようになってしまったあやかし達は実はなんとか生き延びているという、明治を舞台にした時代小説のファンタジー、『明治・妖モダン』に続くシリーズ2作目になります。

今回は廃仏毀釈によって寺も仏像も破壊してしまったという甫峠村の祟りが関わっているという厄介ごとを軸に、滝と原田の2人の巡査が巻き込まれてしまってという連作短編。

江戸時代から明治時代は激動期であり、日本の宗教や伝統的価値観が揺さぶられまくった時であり、廃仏毀釈、神仏分離であるとかそういったものの中に、妖怪の否定というようなものも関わっているわけでして、江戸時代を舞台にした妖怪ファンタジー作品がシリーズとして複数持っている畠中恵がその次に繋げるものとして明治を舞台に妖怪ファンタジーを江戸時代物とは趣を変えてシリーズ化しているのが面白いですね。

廃仏毀釈というものから、祟りという装置が機能するというか、迷信であると笑い飛ばしきれない感じと、祟りとかそういうものを恐れずに勢いで仏像を破壊してしまうというノリがある時代というのが、上手く使えていますね。

明治を舞台にした作品がある程度たまってきたらば、大正時代の作品が増えていくのかとかあるのでしょうかね?妖怪ファンタジーの流れで大正時代が使いやすいのかどうかは知りませんが。

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

おまけ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログラム