今日のJ2観戦 FC町田ゼルビアvs清水エスパルス

FC町田ゼルビア1-2清水エスパルス

J1オリジナル10として、今まで一度たりともJ2に陥落しないできた名門清水エスパルスとの試合を見てきました。

少年サッカーの街対決として多くの関係者が清水と公式戦で戦う事が出来るというだけでウッキウキになっているのがよく分かったり、そんな試合が平日ということでがっかりしているのも伝わってきたりありますが、とにかく悲願の対決。

昨日の時点で雨の予想、朝の段階でもどっちに転がるか分からないなぁという感じだったのですが、午前中のうちに晴れになって、安心して見に行けるという嬉しい展開。

私は町田育ちの元サッカー少年というわけでは無いので、ここら辺の思い入れの強さは本当に悲願であった人達に比べれば思い入れの強さは比べてはいけないレベルですが、それはそれで盛り上がるといいよねという感じですし、選手の知名度は別次元だよねという感じですね。

それこそセレッソ大阪やコンサドーレ札幌の試合を見た時と同じ感覚。

野津田車庫からの山登りからメインスタンドの席を、メインスタンドに行くときは大体陣取るセンターラインより少しホーム応援側にとってからゼルビーランドへ移動。

YASSカレーでテリヤキチキンカレー、前から気になっていたいちばんで海老名豚串を食べながらたすくさんのトークを聞き、その流れで本日のZ劇場唯一の出し物劇団マチダックス主宰の渡辺裕太さんのトークショー。

たすくさんが結構切り込んで行き、出生が北里大学病院だったとか、某番組で同棲生活をした高橋メアリージュンさんとは結局その後特に仲が良くなったわけでも無いというのを、弟が京都サンガの高橋高橋祐治選手だから良かったといじられたり、結構良い感じで忙しくなってきているし、何かゼルビアのグッズをつけてテレビに出て欲しいと散々言われたり、靴下だったらと逃げようとしたりなんだり。

あとは、ラジオでゲスト出演するゼルビアスタッフの皆さんはオンエア終わったあとの方がいろいろと面白いとか、ゼルビーが乱入してきたりとか(笑)

その後写真撮影会という流れでしたが、コミュ障の私にはハードルが高すぎるので参加せず、撮影会があるのでベンチ外選手の挨拶も無いので席に向かいます。

アップを見始めてから、徐々に荷物を置いて席を離れていた人達が埋まってきたのですが・・・結構な団体さんが、格好こそ単なる普段着であるとか、露骨に会社帰りのスーツ姿とかバラバラですが、会話が完全にエスパルス側・・・何で若干ホームよりなのにそんな会話を聞かされなければいけないのかとげんなりしましたが、応援場所としては不適切に感じても、チケット的には問題がないのでどうしようもできないですね。

アウェイチケットが売り切れになっていたので、こういう事態もあり得るわけですが、それでも満員だったセレッソ大阪戦の時であっても、半分よりホーム側で青い中に突っ込んできた人達はいなかったんですがね。

それはそれとして試合開始。

エスパルスはどうしても、町田JFC出身の大前元紀に注目。

キャプテンマークもつけていて分かりやすかったりして、とりあえず大前がすごいプレーをして、それをしっかり抑えきってという試合を望んでいたのですが・・・

なかなか高い位置からボールを奪いに行くいつものスタイルが上手く嵌まらず、中盤でボールを奪えない分押し込まれて、ロングボールも有効に使われてで嫌だなぁと思っていた矢先、開始10分ロングボールを追いかけて相手FWの白崎に対しペナルティエリア内で金聖基が押しつぶすようにして止めてしまっていきなりPK献上。

そのPKを大前に決められて早い段階でリードを奪われてしまい、隣の団体が喜んでいるのが何とも悔しくて仕方が無い状況へ。

救いなのは先制点をとられても、心が折れる事なく攻撃し続けた事。

なかなか思うよりも1段階難しいフリーになりきれない攻撃ばかりですが、CKは獲得できるようになり、なんとかCKから得点が入って欲しいと祈るもののなかなか得点には繋がらず。

そんなCKが続いている中、PAの浮き球のチャンスボールと思ったところで井上と大前が激突。

大前は担架で運ばれ途中交代。

なんだか凄い残念な気分になりましたが、まずは同点で前半を終えて欲しいと、前節前半終了直前に得点が入った事の再現を祈りましたが残念ながらそのまま1点ビハインドで前半終了。

とりあえず、いろいろとストレスがたまったというか、何もせずに席に座っているとエスパルス応援な会話が聞え続けてしまい困るので、席を立って売り切れ直前だったザンギを買いにいき、ボリューミー過ぎる唐揚げにこれの半分の量でよかったなと思いながらも、残すわけにもいかずしっかりと食べ終えたところで後半開始。

追いかける立場で若干雑というか、ラフプレーが目立つ立ち上がりにもなりましたが徐々に修正され猛攻開始。

ただ、チャンスはチャンスなんですが、決定機直前くらいの決定機。

これで決めてくれと思える状況ながらも、コースが限定されすぎていたりマークが近くにいて楽に撃たせてもらえなかったりでなかなか得点が入らず。

相馬監督にしては早めの後半11分にカードを切って重松から谷澤に交代して、流れも上手く変化をつけられるようになったものの、ゴールはなかなか割れず。

崇文から戸島に交代して中盤に高さを作るのかと思ったらば、中島がサイドに入って戸島がFWというポジションチェンジになり、中島が何気に上手いんだなと分かりやすく確認できましたが、それでもゴールには繋がらず。

逆にしっかり守られてからのカウンター一発を通されて追加点を奪われる始末。

後半37分の時点で2点リードされて、私の心は折れまくりになりましたが、選手達は全く折れていないのが分かるくらい、むしろここから一気に取り戻すとばかりの猛攻が始まり、井上を森村に代えてその流れが強まると、43分に孝司が倒されてPK獲得、これを孝司がしっかりと決めて1点差。

イケイケドンドンな雰囲気になり猛攻を続けますが、なかなか同点にはならず。

アディショナルタイムに入ってからエスパルスの選手がハンドしたようにも見えたり、隣のエスパルス応援会話でもハンドとられなくて助かった~という声が上がったりしましたが、今日の審判は今ひとつ笛に安定感がないのでスルーされ、結局点が取れそうで取れないまま1点差で敗戦。

正直悔しい試合でしたが、次に繋がるのは2点差負けていようが何しようが関係なく得点を奪いに行ったという事ですね。

惜しい試合でも負けは負けですが、負け方になにがしかの夢と希望があれば良いとお思えますかね。

少なくとも次に繋がるとかどうでもいい、負ければそれでおしまいなんだ!というほど崖っぷちに立っているわけでは無いので、まだ負けたとしても内容が未来に繋がればと言えるだけの余裕もありますし。

ただ、それでも勝ちたかったですね。

しかも大前が元気な姿でプレーし続けてなおその上を行って勝つというようなね。

この負けによって4位に後退ですが、J1へステップアップするための条件整備のためにも順位は高いに越した事が無いですが、とりあえずプレイオフ圏内とかならば、いろいろと話を進めやすくはなるのかなぁと勝手に思ったりするのですが、平日6000人超えの観客が入ったというあたりで、いろいろと輸送の改善を促す事に繋がるのではないかと思ったりもします。

帰りはバスの数が少なくなるというのを危惧しましたが、負け試合で試合終了直後に天空の城を後にしたので、楽に野津田車庫からバスに乗れたので危惧しすぎたかなと思ったりも。

夜道の山下りはみんなしたがらなかっただけですかね?

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

おまけ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログラム