昨日の牙狼-魔戒烈伝- 第10話

「破天荒」

伝説の魔界法師と知られるリュメは前人未踏の内守外滅の術を会得するために修業していたものの、なかなか会得できず。

この術が使えるようになれば人々を守りながらホラー退治も同時にできると言う事で、過去に人々を守れなかった後悔から何が何でも術を会得しなければと思い詰めていた。

魔界法師の宝物庫があるとの情報を得た泥棒2人組が宝物庫に侵入。

入ったはいいもののがらくたばかりで情報を持ってきた子分に兄貴分はブチ切れ。

がらくたを放り投げてぶつけていると、弟分の方は階下に転落。

しかし、そこに大きな宝箱を発見して大喜び。

早速空けてみようとするものの堅くてあかず、封印の札を剥がしてしまう。

すると中から現れたのはお宝ではなくホラー。

慌てて逃げようとすると2人。

リュメは異変に気付き宝物庫に入り2人と遭遇。

リュウメは封印を解いてホラーを出現させたと避難しますが、貧乏魔界法師の兄貴分はリュメを小娘扱いし、きれい事じゃ食ってけないと開き直り。

しかし、リュメはまずはホラーを何とかしないといけないと戦い始めます。

きりがないほどホラーが現れてリュメが苦戦していると、自分の身は自分で守るくらいの術は使えると兄貴分の方は強がりを言いますが、リュメはあまりのホラーの数にまだ使いこなせていない内守外滅の術を使う事を決意。

術のおかげでホラーは一気に殲滅できたものの、2人の姿が見えなくて失敗したとリュメは思いますが、ダメージはあるものの2人は無事でした。

封印を解いた罪で2人は元老院にて裁かれる事になりますが、リュメは自分の身を守る術くらい使えると何故嘘をついたのか聞きます。

兄貴分は何か迷っていたから、それだとせっかくの術が濁ってしまうだろうからと答えると、リュメはこの2人のおかげで術の会得が出来たから今回だけは罪は軽くしてやるようにと元老院に伝えるように頼みます。

この2人はDリンゴとギンジでした。

という事で、GOLD STORM- 翔のキャラであるリュメが主役と思わせておいて、実は真の主役はDリンゴでしたというお話。

全く見た目が変わらないリュメと若かりし日のDリンゴとギンジという、ちょっとした叙述ミステリーっぽい構成ですね。

破天荒というタイトルでDリンゴは主人公候補だったので、それそのものは驚くものでも何でも無く、破天荒というタイトルでリュメが主人公という方が驚きだったので、いろいろと面白い構成でした。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

牙狼〈GARO〉-魔戒烈伝- 第10話 破天荒 感想

牙狼〈GARO〉-魔戒烈伝- - GARO PROJECT 私だ テレ東10話です 誰しも技を習得するために真剣に取り組むが、 根詰めるよりも意外なところに突破口はあると語るゴンザ、 さて今回のエピソードは… リュメ様キター! 山に籠もって究極の技を会得しようとしてるらしい珍しく...

コメントの投稿

非公開コメント

おまけ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログラム