今日のドラフト

NBAはフィアナルも終わったばかりですが、速攻で2016-17シーズンに切り替えと言う事で、ドラフト会議が行われました。

とりあえず結果を全部触れるのは大変すぎるので、素直に公式を参照してもらって。

全体の雑感と決まったトレードなどまとめてみて、マジックについてだけ別口に。

1位はシクサーズが順当にベン・シモンズを指名と言う事で、オーストラリアのレブロン・ジェームズとか、メンタルに問題のないラマー・オドムというような感じのオールラウンダーということですが、問題は大学に1年だけで、それでいてNCAAのトーナメントに残れなかったというのが勝ちに繋がるプレイヤーかどうか、すっかり負けチームのシクサーズで大丈夫かとか、あとは普通にシモンズをとり、今年からクロアチアのエースダリオ・サリッチもNBAに来るとなると、フロントコートがだぶつくけれども、上手くバランス修正できるのかとかですかね。

2位はレイカーズでブランドン・イングラムですがかつてはデューク大は4年間大学でプレイする方針でしたが、そんな習慣すっかり無くなっている現在ではデュークだから基本はばっちりというお決まりではなくなっていますが、それでも怪我以外で大外れということはなさそうなのもデュークの上位指名にはありますかね、イングラムはちょっと戦が細いにもほどがあるので、それがどうなるのか気になりますし、即戦力候補ではなさそうと。

そうなると、2年連続2位指名でもレイカーズは再建まで時間が掛かるという事になるという事ですかね、レイカーズの場合昨年の2位指名はバカはネットを使うなを地でやってしまいましたからねぇ・・・

3位のセルティックスはジェイレン・ブラウン、3位以下は誰がどう指名されるか分からなかったにせよ、ジェイレン・ブラウンが指名されると予想していたところは無かったとおもうのですが、なんとなく、勝手にエヴァン・ターナーと丸被りしそうな予感がしたり、3位指名じゃ無ければ良い選手だとは思うんだけどもというような評価をされそうな、単純にもっと下の予想がされていたから必要以上に順位が上がりすぎた選手という目で見ているだけかもしれないですが。

4位はサンズがクロアチアの超高校級ドラガン・ベンダー!名前のせいで勝手に超高校級とかしていますが、サンズはこれでウクライナ人のアレックス・レンとドラガン・ベンダーと旧共産圏のビッグマンが揃った事になりますね、サンズがビッグマンっていうのはあまり縁起は良さそうでは無いんですが、レンはそこそこ使えるにようになりつつありますからどうなるのか、いろいろと私は注目します!

5位にウルブススがクリス・ダンを指名、3位指名もあるんじゃないかと言う評価もされたり、ドラフト直前で結構上がってきていた選手でしたが、セルティックスとサンズはPGが補強ポイントでは無いという扱いで残ったんじゃないかと、193とサイズのあるPGですしウルブスはリッキー・ルビオが怪我がちですからPGの補強というのは理にかなっているかなっていて。

あと気になるのは9位でラプターズが指名したヤコブ・ポートル、ユタ大出身のオーストリア人ビッグマンということで、マジックの指名候補になっていた選手ですが、この指名があったということで、ラプターズはビスマック・ビヨンボがFAで出て行く事を想定済みという事なのかなと。

12位のジャズが指名したトーリン・プリンス、もっと低い順位で予想されていましたが、イニシャルTでプリンスという名前のディフェンシブなスモール・フォワードと言う事で勝手に注目していましたが、ジャズはまた守りを固めにきたんだなというのと、ホークスとペイサーズと3チームがらみのトレードでこの指名権が動くという話はまとまらなかったんだねっていうのと両方気になっていたりも。

15位でナゲッツが指名したファン・エルナンゴメス、スペイン人のPFですが、ここのところナゲッツの外国籍ビッグマンは順位が低くても関係なく当たりまくっているので、これでまたインサイドに新たな国籍が加わったというのと、ケネス・ファリードがトレードの噂があるというのと両方で気になりますね、このままだとさすがにだぶつくので。

23位でセルティックスが指名したアンテ・ジジッチ、クロアチアのビッグマンでベンダーよりもジジッチの方が当たりでしたとかありそうとか勝手に思っているのですが、セルティックスはインサイド物量作戦のままいくのか、さすがにバランス修正するのかでいろいろと変わりそうですね。

26位指名でシクサーズが指名したトルコ人フルカン・コークマズ(HOOPの読みを使ってみた)はここまで指名されなかったんですねぇと、トルコ人はマジックに相性が良いからと注目していましたが、シクサーズはこのままだとガードはスカスカですので、チャンスが多そうとか。

29位のスパーズはデジョンテ・マレー、スパーズの下位指名は注目し続けないと行けないくらい引きが強いですが、下位指名でPGというのもスパーズは結構当てていますからね。

2巡目指名ですと、40位でペリカンズが指名してクリッパーズにトレードに出されたダイアモンド・ストーン、センターですしこれで鉄壁の守りとかすれば、さすがダイアモンドだけあって堅いとか言われるのかなぁとか、名前が名前じゃなければそこまで注目していませんが。

59位でキングスに指名されたアイザイア・カズンズ、キングスでPGでアイザイアでドラフト指名ギリギリということで、アイザイア・トーマスよもう一度という狙いなのではないかと勝手に思ったりしますが、アイザイアでカズンズだと性格的に面倒臭そうという勝手なイメージが(笑)

今日決まったマジックを除くトレード

サンズがキングスから8位指名のマーキス・クリスの交渉権獲得
キングスがサンズからボヤン・ボグダノビッチ、13位指名ヨーゴス・パパヤニスとの交渉権、28位指名スカル・ラビシエとの交渉権、将来のドラフト2巡目指名権獲得。

ウォーリアーズがバックスから38位指名のパトリック・マカウの交渉権獲得
バックスはウォーリアーズから金銭獲得。

ネッツがジャズから42位指名のアイザイア・ホワイトヘッドの交渉権獲得
ジャズがネッツから55位指名のマーカス・ペイジの交渉権獲得

ペリカンズがクリッパーズから33位指名のシェイック・ディアロとの交渉権獲得
クリッパーズがペリカンズから39位指名のデイビッド・ミシノーとの交渉権、49位のダイアモンド・ストーンとの交渉権獲得

キャブスがホークスから54位指名のケイ・フェルダーの交渉権獲得
ホークスはキャブスから金銭獲得

グリズリーズがセルティックスから31位指名のディオンテ・デイビスの交渉権、35位指名のラデ・ザゴラックとの交渉権獲得
セルティックスがグリズリーズが持っていた将来のクリッパーズの1巡目指名権を獲得

ドラフト当日だけではなく、これからFA前までにバランス修正をするチームだらけになるでしょうね。

テーマ : NBA
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

おまけ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

茶留蔵

Author:茶留蔵
心身ともに不健康で知性が大いに不自由な社会不適合者

タグ
おまけ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
ニューリリース
メタル
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログラム